TechTargetジャパン

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
適切なNoSQLデータベースの選択が成否を分ける、目的別NoSQL検討ポイント
 オンラインでの消費者の行動が変化し、新たな種類のデータが出現している。また、Webアプリやモバイルアプリ、IoT(モノのインターネット)のシステム構築ニーズの高まりなどにより、開発者はデータ保存と管理の方法の見直しを迫られている。 こうした背景を受け、NoSQ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
NoSQLとHadoopの真価を引き出す、ビッグデータソリューションとは?
 NoSQL、Hadoopはオープンソースで提供されるソフトウェアフレームワークだ。NoSQLは従来のリレーショナルデータベースとは異なり、データの一貫性を緩くして一度に大量のデータ更新を受け入れることを優先する。Hadoopはデータ処理を分散させる技術で、大きなファイルを...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
NoSQLとHadoopの真価を引き出す実践的なアプローチを徹底解説
 増え続ける膨大なデータへの対応には、高速処理が可能なNoSQLとHadoopへの関心が高まっています。しかし、NoSQLにしても、Hadoopにしても万能のテクノロジーではありません。それぞれの特性を踏まえ、適切な対策を講じることが重要です。 IBMが提案するアプライアンス...(2015/3/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
なぜ今「NoSQL」なのか? ビッグデータ時代に求められるデータベースを探る
 急激に増えるデジタルデータをビジネスにどう生かすか。多くの企業がこのビッグデータに注目し、意志決定に生かそうとしている。その中で注目されているのが、「NoSQL」という技術だ。既存のRDBMSと比較して、NoSQLには、余分な機能を省きデータストアに特化、非構造あ...(2012/5/31 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
NoSQLをベースにした、マネージドクラウドサービスの使い方
 IoT時代の到来により、さまざまなデバイスから収集された膨大なデータを効率的に保存、管理する仕組みが求められている。そこで注目されるのが、NoSQL(リレーショナルでないデータベース管理システム)をベースにした、「DBaaS(Database as a Service)」だ。 本ホワ...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月18日号:Office 2016に影を落とす不吉な前兆
 Computer Weekly日本語版 11月18日号は、以下の記事で構成されています。■Office 2016の出ばなをくじいたMicrosoftの失敗 Microsoftの収益源になると見られているOffice 2016。クラウドベースのコラボレーション機能を前面に押し出すが、いきなりある失敗を犯した。(2015/11/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今どきのシステム要求を満たす、柔軟なデータプラットフォーム構築の鍵となる「分散NoSQLデータベース」
 クラウド、IoT、ビッグデータ、ソーシャル、モバイルといった技術の活用によって、ビジネスをより進化させようとするとき、ここに挙げた技術を単体で利用するケースは少ない。IoTやM2Mの技術にクラウドソリューションを組み込むことで、ビッグデータの解析は現実的な施...(2015/7/31 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Java EEアプリケーションを安全かつ簡単に高速化する方法 〜検証から学ぶクラウド時代のスケールアウト戦略〜
 企業システムを担当している人であれば、「パフォーマンスがでない」という問題に直面したことは多いだろう。ー般的にJavaEEアプリケーションサーバの場合、アプリケーションサーバの台数を増やすこと(スケールアウト)で処理性能を向上することができる。しかし、単純...(2014/8/1 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部門...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部門...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
TCO徹底比較:DBaaSと自社構築型DBMS、3年間の運用でTCOにどれだけ差が出る?
 モバイルの普及やIoT(モノのインターネット)の台頭などにより、さまざまなデバイスから収集された膨大なデータを効率的に保存、管理する仕組みが求められている。しかし、膨大な種類のデータを保存、管理するデータベースを自社構築、運用するのは膨大な手間とコスト...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 次世代オープンソースビッグデータツール
 ビッグデータの世界にも、既に世代交代の波が押し寄せている。先進企業は新しいツールを導入して分析の高速化や高度化を実現し、さらに先へと進んでいる。これまでの定番ツールを置き換える新世代のツールとは? 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・MapReduce...(2016/2/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
IoT時代のデータ分析、データサイエンティストは1日60時間労働しかないのか?
 IoTの活用は、収集したビッグデータを分析した結果を基に新しいサービスを始めたり、業務の最適化をしたりすることにある。つまり、最終的に分析するところまで持っていかない限り、ビッグデータからは何の価値も生まれないということになる。 しかも、IoTなどで使うセ...(2016/9/9 提供:株式会社ネットワールド)

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
デジタルトランスフォーメーション時代に企業がAPI管理に注目すべき理由とは
 今、企業のIT関係者が最も関心を寄せている概念が「デジタルトランスフォーメーション」だ。この概念を実現するためにIT担当者は何をすべきなのか。その手段は多岐にわたるが、その1つに「APIの管理」がある。APIの管理では「統合と構築」「保護」「開発加速」「価値の...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法
 現在のアプリケーション開発において重要なのがAPIとバックエンドの開発である。APIは、アプリケーションの機能の一部を共通利用可能なコンポーネントとして整えたもので、Webサイト/アプリケーション/デバイスとバックエンドの間に位置する。これを活用することで効...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
 Computer Weekly日本語版 2月22日号は、以下の記事で構成されています。■本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべし■DNS関連のセキュリティリスクトップ3とその対策■悪質なWebスクレイパーからWebサイトを守る方法■MongoDB導入で航空券発行サー...(2017/2/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
9時間かかるデータ処理が劇的に短縮される、大量データの分析基盤に必要な要件とは?
 ビッグデータ分析基盤の検討においては、データ収集、将来のデータ量に対応できる分析クエリの実行と拡張、エンドユーザーによる分析の使用拡大への準備、将来使用される高度な分析への準備が必要である。また、留意すべきは分析プラットフォームが提供する分析の深さだ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣
 アナリティクスを実現する上では、ビジネスインテリジェンス(BI)の段階、その発展形であるエンタープライズデータウェアハウスを活用する段階、さらに非構造化データも分析対象とする予測的アナリティクスの段階と、実現の難易度は高まっていく。多くの企業はまだ予測...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消
 仮想マシンをオンプレミスからクラウドに移行するには多くの課題がある。多くのパブリッククラウドサービスは、アプリケーション環境に不可欠なレイヤー2ネットワークをサポートしておらず、VMwareベースの仮想ソフトウェア製品をそのまま稼働させることも難しい。これ...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月18日号:Office 2016に影を落とす不吉な前兆(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 11月18日号は、以下の記事で構成されています。■Office 2016の出ばなをくじいたMicrosoftの失敗■電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?■Wikipediaのジミー・ウェールズ氏、政府のネット監視を「口撃」■F1チームInfin...(2015/11/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月18日号:Office 2016に影を落とす不吉な前兆(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 11月18日号は、以下の記事で構成されています。■Office 2016の出ばなをくじいたMicrosoftの失敗■電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?■Wikipediaのジミー・ウェールズ氏、政府のネット監視を「口撃」■F1チームInfin...(2015/11/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」
 サーバ仮想化技術への期待は年々大きくなっているが、長い間、主要ハイパーバイザーの基本的なアーキテクチャには大きな変化が見られなかった。レガシーな仮想化製品は、無数の単機能なストレージアレイを対象に設計されたもので、ハイパーバイザーを個別に購入する必要...(2017/5/22 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

Loading