TechTargetジャパン

講演資料
チューニング不要? “特別な何かをせずとも”データベースは速くできるか
 データベース(RDBMS)で何よりも重視されるのはパフォーマンスだ。そのためのチューニングや劣化対策は昔から大きな課題となっている。多くの場合、マニュアル通りではない複雑なノウハウやスキルが必要となるが、そうした腕前を持つエンジニアは少ない。 またRDBMSは...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
非構造化データ急増時代に求められる「マルチモデルデータベース」とは
 近年、データ量の増大が進んでおり、とりわけ非構造化データが大きく伸びている。その傾向は今後も続くと予想されるが、それに伴って企業では非構造化データの扱いが課題となっている。ITシステムは主に構造化データのためのRDBMSを基盤としたものであり、非構造化デー...(2016/10/19 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

講演資料
ビッグデータ環境におけるデータガバナンス対応のベストプラクティスと構築事例
 近年発生している、特権ユーザーによる不正な操作やハッカーによる攻撃の脅威に対し、データベース内の機密情報を保護し、業界や政府が規制する法令等に対応したデータガバナンスの整備が急務となっている。 本資料では、RDBMSのみならず、NoSQL、およびHadoop環境に対...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグテータ分析の進化をコスト削減とともに実現する「データレイクの効用」
 データレイクは、Apache Hadoopの新しい機能として開発された「YARN」というアーキテクチャと関連性が深い。YARNは多種多様なワークロードを分散処理する司令塔として、構造化・非構造化を問わず、常にシステム内に流れ込んでくる、あるいはERPやCRMなどで蓄積されてい...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

講演資料
これからのビッグデータ活用の話をしよう──適材適所の分析テクノロジーの選び方
 ビッグデータ時代の到来で、データベースを取り巻く新たなテクノロジーが、次々登場している。だが、要件もアーキテクチャもバラバラの数百の業務アプリケーションに1つの技術で対応するのは不可能だ。要件とアーキテクチャをパターン化できれば、実装すべきテクノロジ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月7日号:Microsoft対米国政府──判決は?
 Computer Weekly日本語版 9月7日号は、以下の記事で構成されています。■ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと■多くの企業が気付いていないコンシューマーテクノロジー活用の効用■銀行のレガシーシステムを一掃する「Vault OS」、開発者はGoogle...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
NoSQLとHadoopの真価を引き出す実践的なアプローチを徹底解説
 増え続ける膨大なデータへの対応には、高速処理が可能なNoSQLとHadoopへの関心が高まっています。しかし、NoSQLにしても、Hadoopにしても万能のテクノロジーではありません。それぞれの特性を踏まえ、適切な対策を講じることが重要です。 IBMが提案するアプライアンス...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月5日号:ビッグデータでよみがえるレンブラント
 Computer Weekly日本語版 10月5日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが発見「暗号化データを復号せずに操作する方法」■深刻な脆弱性まみれの大手メーカー自動車、Wi-Fi経由で乗っ取られる恐れ■2016年第2四半期のスマートフォン市場停滞の原因は「iPhon...(2016/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月7日号:Microsoft対米国政府──判決は?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 9月7日号は、以下の記事で構成されています。■ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと■多くの企業が気付いていないコンシューマーテクノロジー活用の効用■銀行のレガシーシステムを一掃する「Vault OS」、開発者はGoogle...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月7日号:Microsoft対米国政府──判決は?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 9月7日号は、以下の記事で構成されています。■ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと■多くの企業が気付いていないコンシューマーテクノロジー活用の効用■銀行のレガシーシステムを一掃する「Vault OS」、開発者はGoogle...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoT時代のデータ分析、データサイエンティストは1日60時間労働しかないのか?
 IoTの活用は、収集したビッグデータを分析した結果を基に新しいサービスを始めたり、業務の最適化をしたりすることにある。つまり、最終的に分析するところまで持っていかない限り、ビッグデータからは何の価値も生まれないということになる。 しかも、IoTなどで使うセ...(2016/9/9 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
3方向で進化するオールフラッシュ、次世代データセンターに適した製品は?
 この数年で導入企業が一気に増加したフラッシュストレージ。その活用は主に3つの方向で進んでおり、従来型業務システムなどで使われる汎用製品、開発環境に適したストレージQoS重視の製品、データ分析に適した高IOPS・低レイテンシの製品が主要な選択肢となっている。 ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
ノンコーディングの開発をさらに加速、ビジネスルール管理でコストと工数を削減
 ノンコーディングツールは、サブシステムの開発生産性の向上に大きく貢献するツールだ。IT部門とユーザー部門がこのツールを介して的確な意志疎通を図ることで、開発工数が大幅に削減され、ビジネススピードも向上する。 しかし、現実には生産性がなかなか上がらないこ...(2016/8/1 提供:株式会社アシスト)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
基幹システムのクラウド移行を“賭け”にしない堅実な運用方法
 企業ITにおいて、常に効率化とコスト削減で悩まされるのが基幹システムだ。24時間365日稼働、安定的な処理性能の確保、災害対策、内部統制、セキュリティ対策など、優先すべき課題が多く、コストや運用負荷は二の次とされやすい。 そのため、基幹システムのクラウド移...(2016/5/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
サーバの次はストレージも仮想化、ソフトウェア実装による仮想SANの実力
 クラウドシステムにおいてはサーバの仮想化だけでなく、ストレージも仮想化することで高い可用性を生み出すことが可能になる。ストレージ仮想化がされなければ、サーバ側の処理がいくら高速化してもパフォーマンスのボトルネックとなり、コスト効率も上がらない。そして...(2016/5/13 提供:株式会社トライテック)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
軽量・低コストで管理者不要のデータベース管理システム、その秘密は?
 高性能なDB管理システムを導入したものの、専任の担当者を用意したり、運用コストを抑えたりとさまざまな課題を持つ企業は多い。それらの課題を解決する手段として、さまざまな自動機能を実装しているDB管理システムである「自己管理型リレーショナルデータベース管理シ...(2015/11/24 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/4/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
大企業だけでなく中小企業システムにも無停止サービスを、低コストで効力を発揮する分散システム基盤
 クラウドは分散処理を迅速に実施することによって高い可用性を実現している。こうした環境が当たり前となった現在、企業システムでは多大なリソースを消費するタスクを同時に実行したいニーズが発生している。インメモリデータベースを活用しながら、別のシステム開発を...(2016/4/1 提供:株式会社トライテック)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
基幹システムの刷新にOSS RDBMSを採用、80%のコスト削減と安定性向上に成功
 オープン化された基幹システムの刷新では、ライフサイクル管理の徹底と関連コストの削減が大きな目標とされる。ハードウェアのリプレースによってミドルウェアやアプリケーションでも大幅な変更は避けられないので、ハードとソフトの両面でライフサイクル管理を徹底でき...(2016/2/8 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
ビッグデータ処理をクラウドで提供、そのメリットと“思わぬ落とし穴”
 ユーザー企業の間で「ビッグデータ+クラウド」への注目度が上がっている。大量のデータが流れこむビッグデータを適切に処理、分析するには自社だけではなく、クラウドのリソースを使うことが不可欠と考える企業が多くなっているのだ。このようなクラウドデータベースサ...(2015/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウドデータベースを“ガチ比較”、勝利を飾った意外な名前は
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2015/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

Loading