TechTargetジャパン

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
基幹システムの刷新にOSS RDBMSを採用、80%のコスト削減と安定性向上に成功
 オープン化された基幹システムの刷新では、ライフサイクル管理の徹底と関連コストの削減が大きな目標とされる。ハードウェアのリプレースによってミドルウェアやアプリケーションでも大幅な変更は避けられないので、ハードとソフトの両面でライフサイクル管理を徹底でき...(2016/4/18 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
基幹システムのクラウド移行を“賭け”にしない堅実な運用方法
 企業ITにおいて、常に効率化とコスト削減で悩まされるのが基幹システムだ。24時間365日稼働、安定的な処理性能の確保、災害対策、内部統制、セキュリティ対策など、優先すべき課題が多く、コストや運用負荷は二の次とされやすい。 そのため、基幹システムのクラウド移...(2016/5/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
大企業だけでなく中小企業システムにも無停止サービスを、低コストで効力を発揮する分散システム基盤
 クラウドは分散処理を迅速に実施することによって高い可用性を実現している。こうした環境が当たり前となった現在、企業システムでは多大なリソースを消費するタスクを同時に実行したいニーズが発生している。インメモリデータベースを活用しながら、別のシステム開発を...(2016/5/13 提供:株式会社トライテック)

製品資料
サーバの次はストレージも仮想化、ソフトウェア実装による仮想SANの実力
 クラウドシステムにおいてはサーバの仮想化だけでなく、ストレージも仮想化することで高い可用性を生み出すことが可能になる。ストレージ仮想化がされなければ、サーバ側の処理がいくら高速化してもパフォーマンスのボトルネックとなり、コスト効率も上がらない。そして...(2016/5/13 提供:株式会社トライテック)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
軽量・低コストで管理者不要のデータベース管理システム、その秘密は?
 高性能なDB管理システムを導入したものの、専任の担当者を用意したり、運用コストを抑えたりとさまざまな課題を持つ企業は多い。それらの課題を解決する手段として、さまざまな自動機能を実装しているDB管理システムである「自己管理型リレーショナルデータベース管理シ...(2015/11/24 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/4/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビッグデータ処理をクラウドで提供、そのメリットと“思わぬ落とし穴”
 ユーザー企業の間で「ビッグデータ+クラウド」への注目度が上がっている。大量のデータが流れこむビッグデータを適切に処理、分析するには自社だけではなく、クラウドのリソースを使うことが不可欠と考える企業が多くなっているのだ。このようなクラウドデータベースサ...(2015/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
適切なNoSQLデータベースの選択が成否を分ける、目的別NoSQL検討ポイント
 オンラインでの消費者の行動が変化し、新たな種類のデータが出現している。また、Webアプリやモバイルアプリ、IoT(モノのインターネット)のシステム構築ニーズの高まりなどにより、開発者はデータ保存と管理の方法の見直しを迫られている。 こうした背景を受け、NoSQ...(2015/11/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドデータベースを“ガチ比較”、勝利を飾った意外な名前は
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2015/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
需要予測/顧客分析/テキスト分析も、小規模ISVが速やかにアプリを開発できるワケ
 独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、自社製品やサービスを速やかに立ち上げることは事業課題である。SAP提供のOEMプログラムを利用し、「SAP HANA」プラットフォームを使い開発スピードを早め、ビジネス拡大を図るISVが既に何社も出てきている。 福祉・医療関...(2015/8/26 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
ストレージインフラ選び5大条件、アプリのモダナイゼーション動向から探る
 アプリケーションの更新を怠ることは、ビジネスプロセスを非効率にし、それがサポートや保守費用の増加を生むなど、企業の利益に直接的な悪影響を及ぼす可能性がある。中で最も注意したいのは、クラウド、モバイル、ビッグデータなどビジネスにおける新しいトレンドへの...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

講演資料
SDSのトレンドが分かる――ビッグデータ対策ストレージ最新動向
 Software-Defined Storage(SDS)は、近年のストレージ技術をけん引する、大きな流れとなっているが、実は登場して既に27年以上の長い歴史を持つ技術だ。Googleの検索エンジン専用ファイルシステム「Google File System」の登場が、SDSがビッグデータ格納に適した選択だ...(2015/7/3 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
“眠ったデータ”は生み出さない、データ分析先進企業が必ず取り組む“前処理”とは
 ビッグデータ活用に取り組む企業は、激増するデータボリュームやデータの多様性、データ品質、データの信頼性などさまざまな課題を解決することがまずは求められる。これらの作業を怠ると貴重なデータが企業内で忘れ去られ、「ダークデータ」として死蔵されてしまう。デ...(2015/6/23 提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社)

製品資料
NoSQLとHadoopの真価を引き出す、ビッグデータソリューションとは?
 NoSQL、Hadoopはオープンソースで提供されるソフトウェアフレームワークだ。NoSQLは従来のリレーショナルデータベースとは異なり、データの一貫性を緩くして一度に大量のデータ更新を受け入れることを優先する。Hadoopはデータ処理を分散させる技術で、大きなファイルを...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SoftLayerとBluemixが提示する“クラウドサービスの理想形”
 企業システムの課題は、運用管理コストの低減だけではない。ビジネスニーズに対応するシステムを万全な形で迅速に構築するという課題も長年指摘されてきた。そしてクラウドサービスが進化するにつれ、多くの企業ユーザーはクラウドに対し、コスト低減だけでなく「必要な...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
企業のイノベーション促進、リスク削減を実現する「アプリケーションのモダナイゼーション」とは?
 ITによるビジネス貢献への課題とは何か。以前から取り上げられてきたテーマだが、具体的な概念などが確立していたわけではなかった。しかし、ここにきて「アプリケーションのモダナイゼーション」という発想が注目されている。 アプリケーションのモダナイゼーションと...(2015/4/3 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
SIer必見「失敗しないクラウド選定」7つのポイントとは?
 オンプレミスで運用していた自社システムをクラウドに移行し、運用コストの最適化やビジネスアジリティへの対応強化を図ろうという考え方は既に一般化している。そうした意向を持つ企業にとって頼りになるSIerとは、移行作業や新規構築、その後の運用といった面で高い能...(2015/4/3 提供:ニフティ株式会社)

技術文書
NoSQLとHadoopの真価を引き出す実践的なアプローチを徹底解説
 増え続ける膨大なデータへの対応には、高速処理が可能なNoSQLとHadoopへの関心が高まっています。しかし、NoSQLにしても、Hadoopにしても万能のテクノロジーではありません。それぞれの特性を踏まえ、適切な対策を講じることが重要です。 IBMが提案するアプライアンス...(2015/3/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
Hadoop導入で得られるもの、得られないもの
 ビッグデータ時代といわれているが、実際はどうだろうか。社内にビッグデータと呼べるものはあるだろうか? ビッグデータを活用して成功している企業を知っているだろうか? Hadoopは普及していると思うだろうか? ビッグデータ活用が検討段階から活用段階に移行しな...(2014/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
本気でデータベースを速くしたいなら「SQL Server 2014」新機能を活用せよ
 「SQL Server 2014」には2つの大きな新機能が搭載された。その1つ「クラスタ化列ストアインデックス」は、SQL Server 2012に搭載されていた、データを行単位ではなく列単位で管理して処理の高速化を図る「列ストアインデックス機能」をさらに進化させた機能だ。また、も...(2015/1/20 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

技術文書
危機感が広がる「内部犯行による情報漏えい」、データベースセキュリティが重要な理由とは
 企業や官公庁で相次ぐ情報漏えい事件。システムの脆弱性を突くなど従来の攻撃手法の他、電子メールを使った標的型攻撃も多く見られ、重要情報を抱える組織の危機感が高まっている。また、近年は内部関係者による情報漏えい事件も多く発生し、外部からの攻撃を想定した従...(2015/1/13 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
オフライン・アプリ、ジオ・プログラミング、モバイル・テストも簡単に〜モバイル開発の新潮流の実現〜
 今、モバイルがビジネスに不可欠なツールになりつつある。IBM では、モバイルアプリ開発サイクル(設計・開発・テスト・管理・分析・保守)を加速するソリューションとして MobileFirst を提供している。 本セッションでは、このソリューションの中核となる IBM Worklig...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
いよいよ脱Excelなるか? 直感的なビジュアルで変わるデータ活用
 さまざまな理由で業務部門の脱Excelを実現できない企業は少なくない。誰もが簡単なマウス操作でデータをビジュアル化でき、データ分析を現場のユーザーに解放するデータビジュアル化ツールが「SAP Lumira」だ。 Excelなどのデータを分かりやすいチャートやマップに加工...(2014/12/2 提供:SAPジャパン株式会社)

講演資料
ビッグデータ環境におけるデータガバナンス対応のベストプラクティスと構築事例
 近年発生している、特権ユーザーによる不正な操作やハッカーによる攻撃の脅威に対し、データベース内の機密情報を保護し、業界や政府が規制する法令等に対応したデータガバナンスの整備が急務となっている。 本資料では、RDBMSのみならず、NoSQL、およびHadoop環境に対...(2014/11/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
CPUの機能をフル活用する高速BIのアプローチ手法とは
 企業は日々生成されるデータを収集して分析する重要性を認識しており、データの分析に使用するBIシステムとRDBMSソリューションはここ数十年で大きく進化を遂げた。だが、大量かつ多様化するビッグデータを的確に分析し、経営のスピードを上げるにはまだ十分なパフォー...(2014/9/8 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

講演資料
これからのビッグデータ活用の話をしよう──適材適所の分析テクノロジーの選び方
 ビッグデータ時代の到来で、データベースを取り巻く新たなテクノロジーが、次々登場している。だが、要件もアーキテクチャもバラバラの数百の業務アプリケーションに1つの技術で対応するのは不可能だ。要件とアーキテクチャをパターン化できれば、実装すべきテクノロジ...(2014/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading