2019年02月15日 05時00分 公開
特集/連載

データサイエンティストを楽にする ビッグデータ分析ツールの10大「必須機能」多くの専門家が「必要」と認める機能は?

ビッグデータ分析ツールを探しているなら、さまざまな機能がある中でも10個の機能に注目してほしい。特に、分析結果を埋め込む機能、他のアプリケーションとの連携機能、バージョン管理機能は確認しておきたいところだ。

[George Lawton,TechTarget]
画像

 ビッグデータ分析は複雑なプロセスで、ビジネス管理、データサイエンティスト、開発者、運用チームなど、広い範囲に関係する。新しいデータ分析モデルの作成は、こうした複雑なプロセスの一部にすぎない。

 ビッグデータ分析ツールには10個の必須機能がある。こうした機能を備えていれば、業績向上のためにデータサイエンティストに求められる労力を減らせる可能性がある。本稿ではこの10個の必須機能を紹介する。

1.埋め込み可能な分析結果

 ビッグデータ分析に価値があるのは、データモデルから収集した洞察を、他のアプリケーションを使用している最中に、意思決定のサポートに役立てることができる場合だ。

 「データモデルから収集した洞察をリアルタイムの意思決定プロセスに取り入れられることが何より重要だ」と話すのは、インメモリデータベースベンダーVoltDBでチーフテクノロジストを務めるディラージ・レメラ氏だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...