2009年05月15日 09時00分 公開
ニュース

アイエニウェア、リモート/モバイル環境でのデータ利用を促進させるRDBMS最新版NEWS

ミッションクリティカルな大規模環境向けにパフォーマンスや拡張性、データアクセス/分析機能など、200以上の機能が改善された。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 アイエニウェア・ソリューションズ(以下、アイエニウェア)は5月13日、RDBMSパッケージの最新版「SQL Anywhere 11 日本語版」(以下、SQL Anywhere 11)を発表した。7月から出荷を開始する予定。

 SQL Anywhere 11パッケージは、RDBエンジン「SQL Anywhere」、組み込み機器向け小型DBエンジン「Ultra Light」、RDB間のデータ同期プラットフォーム「Mobile Link」などのコンポーネントで構成される。

 米iAnywhere Solutionsのエンジニアリング担当副社長、デーブ・ニュードルファー氏は、SQL Anywhere 11では「リモートオフィスやモバイル環境などの“データセンター外でのデータ活用において企業内の基幹システムと同様の信頼性やセキュリティが求められるアプリケーション”の開発を支援する機能が搭載されている」と説明した。同氏によると、SQL Anywhere 11ではパフォーマンスや拡張性、データアクセス/分析機能など200以上の機能改善が図られたという。

photo 米iAnywhereのエンジニアリング担当副社長、デーブ・ニュードルファー氏

 SQL Anywhere 11では、圧縮インデックスやシンプル構文キャッシングなど、マルチユーザーでの利用におけるパフォーマンス向上技術を採用。並列ソートや並列インデックススキャン、インデックスオンリー検索機能により、クエリ処理性能が改善された。

 また、リモート環境での利便性を向上させるためにフロントライン分析機能を強化した。組み込み全文検索や正規表現検索、マテリアルビューの即時修正、ミラーサーバへのリードアクセス機能が搭載された。

 さらに、リレーサーバ機能の拡張によってデータ同期技術も強化。今回から統合対象サーバにMySQLが、クライアント側の対応OSにBlackBerryや組み込みLinuxなどの携帯端末用OSが追加され、Ultra Lightによるバックグラウンド同期が可能になった。

photo リレーサーバのアーキテクチャ

 .NET Framework 3.5に完全対応し、Microsoft Visual Studio 2008と連携できるほか、.NETやPerl言語による外部ストアドプロシージャの作成、PHPやPerl、Pythonのサポートなど、対応する開発言語やプラットフォームを拡充した。

 SQL Anywhere 11には、Workgoup/Standard/Advancedの3つの有償版と、開発/テスト向けのDeveloper、学術研究用のEducational、クライアントアプリケーションのみのWebの3つの無償版がある。Workgroup版のCPUライセンスモデル(ソケット単位)が39万9000円から提供される。

関連ホワイトペーパー

SQL | 組み込み | MySQL | RDBMS | データセンター | 基幹システム


ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...