「Power Apps」でのローコード開発でつまずかないために確認すべき「SLDC」とは「Microsoft Power Apps」を使いこなす6つのヒント【後編】

「Microsoft Power Apps」でアプリケーションを開発する際は、設計から運用までのベストプラクティスに従うことが重要だ。3つのベストプラクティスを取り上げる。

2021年10月07日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 前編「ローコード開発ツール『Power Apps』で“使われるアプリ”を作る秘訣」は、Microsoftのノーコード/ローコード開発ツール群「Microsoft Power Apps」を利用したアプリケーション開発に際する6つのベストプラクティスのうち、3つを解説した。後編は引き続き4〜6番目を紹介する。

4.「SLDC」に基づいてアプリケーションを開発する

 「ソフトウェア開発ライフサイクル」(SDLC)は、アプリケーションの設計と開発を成功に導くさまざまなプロセスを定義した方法論だ。開発者はSDLCが示すベストプラクティスと手順に従ってアプリケーションを開発するとよい。SDLCは例えば以下のプロセスを支援する。

  • ビジネス要件の分析
  • アプリケーションのテスト
  • アプリケーションのデプロイ(設置)
  • アプリケーションの設計
  • アプリケーションの開発

5.設計と実装に先立ってライセンスを確認する

 サブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」(Office 365)のライセンスには、Power Appsを利用できるものもあるが、ライセンスによって使用可能な機能が異なる。オンプレミスのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)や、「Salesforce」「Microsoft Dynamics」などの顧客関係管理(CRM)システムのデータソースに接続するには、Power Appsの有料プランを契約する必要がある。

6.Power Appsのロードマップに常に注目する

 Microsoftは今後もPower Appsを強化し続ける見込みだ。こうした強化は、企業がPower Appsでビジネス上の課題に対処することを支援する。開発者はPower Appsのロードマップを掲載するWebページにアクセスして、新機能の公開計画を把握するとよい。


 Power Appsはプログラミングの知識がない人でもアプリケーションを開発できるようにする。一方でPower Appsを使う開発者が、アプリケーションのセキュリティや設計のベストプラクティスを理解しないままアプリケーションを開発できてしまう懸念もある。そうなると企業はデータ流出の危険にさらされたり、アプリケーションによってばらばらなUI(ユーザーインタフェース)を生んだりする恐れがある。Power Appsでのアプリケーション開発を成功させるためには、企業はPower Appsのベストプラクティスを詳細に調査、評価、把握することが不可欠だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。