2019年12月13日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoftの「Azure Synapse Analytics」とは? BIや機械学習をより身近に「Azure SQL Data Warehouse」が刷新

Microsoftが新たに発表したクラウドサービス「Azure Synapse Analytics」は、BIと機械学習のメリットをより容易に得られるようにする。現在はプレビュー段階にある同サービスの特徴を解説する。

[Eric Avidon,TechTarget]

 Microsoftが、データウェアハウス(DWH)とデータ分析を1つのクラウドサービスにまとめた「Azure Synapse Analytics」を発表した。Azure Synapse Analyticsは、同社の年次ユーザーカンファレンス「Microsoft Ignite」の冒頭で発表された。現在はプレビュー段階にあり、正式版はまだ公開されていない。

 Azure Synapse Analyticsは既存のBI(ビジネスインテリジェンス)製品の代替となるサービスではないと、Microsoftは説明する。Azure Synapse AnalyticsはBIソフトウェアの「Power BI」と機械学習サービス「Azure Machine Learning」の両方と連携して、分析とデータサイエンスの促進につながるデータ管理機能を提供する。結果として、組織がデータからインサイト(洞察)を引き出せる能力と、幅広いアプリケーションに機械学習を応用する能力の両方が向上すると、同社は説明している。

 「イノベーションの次の波がここにはある」。調査会社Enterprise Strategy Groupの上級アナリスト、マイク・レオネ氏はそう解説する。「超大手ベンダー各社が、増大を続ける分析、ビッグデータ、AIベースサービスをもっとうまく連携させることを目指している」(レオネ氏)

 Microsoftによると、Azure Synapse AnalyticsはDWHとデータレイクの両方を運用しながら、別々にクエリを発行することに伴う問題を解決する設計になっている。同社はAzure Synapse Analyticsを実質的にクラウド形式のDWHサービス「Azure SQL Data Warehouse」の進化における次の一歩と位置付ける。

機械学習をより使いやすく

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...