「シェルスクリプト」「SQL」をセキュリティ担当者が学ぶ意味と学習方法セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【後編】

セキュリティ担当者がコーディングを学ぶことは業務にさまざまなメリットをもたらす。本稿は「シェルスクリプト」「SQL」を学ぶ利点と学習方法を説明する。

2021年03月06日 05時00分 公開
[Mike ChappleTechTarget]

関連キーワード

プログラミング | セキュリティ


 セキュリティ担当者の業務に役立つコンピュータ言語として、以下に列挙した5種類がある。前編「『Python』をセキュリティ担当者が学ぶ意味は? どう学ぶべきか?」は「Python」、中編「『HTML』『JavaScript』をセキュリティ担当者が学ぶべき納得の理由」は「JavaScript」「HTML」を取り上げた。後編は「シェルスクリプト」「SQL」を紹介する。

  1. Python(前編で紹介)
  2. HTML(中編で紹介)
  3. JavaScript(中編で紹介)
  4. シェルスクリプト
  5. SQL

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...