2021年04月07日 05時00分 公開
特集/連載

「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」の決定的な違いとは?「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【後編】

「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」は、それぞれ扱うのに向いているデータや適切な用途が異なる。両者の主な違いや活用例、選び方のヒントを紹介する。

[Kara E. Joyce,TechTarget]

関連キーワード

NoSQL | データベース | RDBMS


 前編「いまさら聞けない『グラフデータベース』『リレーショナルデータベース』の基礎」は、レコード(データベースで扱う1件分のデータ群)同士の関係性をグラフ形式で表すデータベース「グラフデータベース」と、2次元の表(テーブル)形式でレコードを格納するデータベース「リレーショナルデータベース」の特徴を紹介した。後編となる本稿は両者の主要な違いを解説する。

グラフデータベースとリレーショナルデータベースの決定的な違い

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...