「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」の決定的な違いとは?「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【後編】

「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」は、それぞれ扱うのに向いているデータや適切な用途が異なる。両者の主な違いや活用例、選び方のヒントを紹介する。

2021年04月07日 05時00分 公開
[Kara E. JoyceTechTarget]

関連キーワード

NoSQL | データベース | RDBMS


 前編「いまさら聞けない『グラフデータベース』『リレーショナルデータベース』の基礎」は、レコード(データベースで扱う1件分のデータ群)同士の関係性をグラフ形式で表すデータベース「グラフデータベース」と、2次元の表(テーブル)形式でレコードを格納するデータベース「リレーショナルデータベース」の特徴を紹介した。後編となる本稿は両者の主要な違いを解説する。

グラフデータベースとリレーショナルデータベースの決定的な違い

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。