空港職員の安全を支えた米国運輸保安庁(TSA)の「BIダッシュボード」の中身米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【後編】

米国運輸保安庁(TSA)はCOVID-19の拡大局面において、手指消毒剤などの個人用保護具(PPE)の供給を管理するためにBIツールを活用している。そのダッシュボードはどのような要素で構成されているのか。

2021年04月06日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

 米国運輸保安庁(TSA)はビジネスインテリジェンス(BI)ツールでサプライチェーンを監視し、ほぼリアルタイムで個人用保護具(PPE)の供給レベルを維持するシステムを構築した。さらに供給品の備蓄が少なくなるとアラートを配信するプッシュ通知、供給品の依頼が増え倉庫から配送する必要があるタイミングを計画するのに役立つデータモデル、全米の各空港への供給レベルを示すダッシュボードも開発した。

TSAのダッシュボードの気になる中身

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。