TechTargetジャパン

技術文書
検索エンジンの検索結果を最適化、上位の表示を狙ってビジネスを有利に
 検索エンジンの検索結果で上位に表示させる手法や技術であるSEO(検索エンジン最適化)は、1990年代半ばに登場して以来、幾度となく変化を遂げてきた。それは主に大手検索エンジンのアルゴリズム変更に伴って生じたものだ。 検索の質を向上させたい検索エンジンにとっ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
ネット集客実践ガイド:コストをかけずに効果を出せる5つのメソッド
 ネット市場が拡大を続けるなか、ネット集客の重要性は年々大きくなっている。実際、Webサイトを見て意思決定をする消費者は非常に多く、経済産業省が行った調査でも、回答者の過半数が「商品サービス選択時に信頼できる情報源」として企業公式サイトを挙げている。 し...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
リスティング広告に頼らない、中小企業もすぐできるネット集客
 知識やリソース、環境がないことで、ネット集客を効率的に実践できずにいる企業は、中小企業を中心に多く見られる。また、その実践においても、デザインの美しさやSEOのテクニックにこだわりすぎて失敗するケースも少なくない。 しかし、実際のネット集客では、必要十...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

レポート
顧客サービス調査で見えた「顧客の獲得と保持」における決定的な要素とは?
 顧客サービスへの期待が年々高まっていることから、多くの企業が顧客サービスと顧客エクスペリエンスによる差別化を目指すようになった。それでは、満足のいく顧客サービスエクスペリエンスとは具体的にどのようなものだろうか? Microsoftの「顧客サービスの状況に関...(2017/4/6 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御
 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現す...(2017/3/3 提供:SCSK株式会社)

事例
社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは?
 業務に合わせてさまざまなツールを導入していった結果、全体としての業務効率が低下するケースは少なくない。それぞれの作業には便利でも、ツール間の連携が取れなければ、社内に情報が散在する状況が生まれる。その結果、営業業務のプロセスに多くの無駄が生じるのだ。(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

製品資料
「常時SSL化も万能ではない」、SSL通信を隠れみのにした攻撃にどう対処する?
 Webサイトの全てのページをSSL暗号化することで、セキュリティの強化、ログ精度の向上などを目指す「常時SSL通信化」。これを実施したWebサイトやWebサービスは検索エンジンの評価が高くなりやすいことから、SEO対策としても注目されている。 しかし、近年はSSL通信を...(2017/1/10 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
事例に見る:サイト開設から半年で月間4万アクセスを獲得する方法
 転職や就職に関する記事を掲載する「Sagoooライブラリー」は、2013年11月にサイトを開設し、7カ月後には月間約4万アクセスを達成した。有料の広告を一切使わずにコンテンツを追加する事によってアクセスを増加させ、ソーシャルメディアなどに加え検索エンジン経由でも安...(2014/9/10 提供:株式会社ウィルゲート)

製品資料
最小限の予算で最大限の安全を確保するセキュリティソリューションとは?
 サイバー攻撃が巧妙化、多様化する中で、Webサイトを守るためのセキュリティ対策は企業にとって重要課題の1つだ。脆弱(ぜいじゃく)性を利用したマルウェアが感染すれば、サイト改ざんや個人情報の流出など、致命的なダメージを受ける。対策が遅れれば遅れるほど危険性...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

レポート
今から始めるB2Bサイト構築──Webで問い合わせを作る方法
 世界中の人たちがスマートフォンを手にし、日常的にインターネットを使って情報収集している現在、企業と顧客の関係性は大きく変わり始めた。既に、企業には今まで以上の「情報発信力」や、顧客との密なコミュニケーションが求められるようになりつつある。それは直接ユ...(2017/6/20 提供:株式会社イノーバ)

技術文書
基礎解説:Webプロキシにまつわる誤解、なぜWeb脅威防御のために不可欠なのか?
 サイバー攻撃の格好の標的となっている企業のWebサイト。多くの企業ではWebセキュリティに対するアプローチを見直すことでこの問題に対応しているが、現在のWebセキュリティテクノロジー、特にセキュアWebゲートウェイ(Webプロキシソリューション)については、誤解さ...(2017/6/5 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」
 企業がデータ活用を進めていく上では、従来型のデータウェアハウス(DWH)の制約が課題となる。例えば、ソーシャルメディアなどの情報を活用する場合、分析基盤には構造化データと非構造化データの両方が大量に入ってくるが、こうしたデータから潜在的な価値を引き出す...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
ゼロから始めて、1人でできる、効果が出るコンテンツマーケティングの実践方法
 Webマーケティングに継続して取り組めない、効果も明確にならない、その理由は幾つかある。まず「何をしたいのか」という戦略策定が甘いままのプロジェクトスタートだ。広告出稿、SEO、既存Webページ流入などの定番施策が一巡すると、次の手が思い浮かばず頓挫してしま...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

レポート
働き方改革は“緊急課題” 文書コンテンツ中心の管理術で生産性向上を実現
 労働人口の減少が進む一方で、労働時間の短縮という流れも加速するなか、日本企業はいよいよ、働き方改革や労働生産性の向上に本腰を入れて取り組まなければならなくなった。日本のホワイトカラーの労働生産性はアジアで最下位との調査結果もあり、抜本的な対策が求めら...(2017/5/30 提供:リックソフト株式会社)

製品資料
マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは
 デジタル変革は、あらゆる企業のさまざまな業務を変革させ、新たな競争力を与えるものとして期待されている。例えば、顧客との接点においては、電話やメールなど既存のチャネルにソーシャルメディアを加えた、全ての接点を通じてデータを活用し、さらに全方位的な洞察を...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
そのSSLサーバ証明書では防げない──オンライン取引の詐欺被害を減らす2つの方法
 オンライン取引が本格化してから約20年、電子商取引による販売額は2013年に1.2兆ドル以上に達した。消費者のショッピング習慣がこれだけ変化した要因は、オンラインの世界で金銭取引をする際の信頼を担保できる仕組みが確立されたことにある。その技術的基盤としての解...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
「研究を停滞させずに守る」 大学・研究機関に適した情報保護対策は?
 近年、大学・研究機関で情報漏えい事件・事故が多発している。その中には、マルウェアにより情報が漏えいしてから発覚までに半年以上かかったケースもある。それも外部からの通報で把握できたもので、通報がなければ被害がさらに拡大しかねなかった。 多数の情報資産を...(2017/2/8 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想
 2016年のサイバーセキュリティを振り返るとき、一番に注目されるのがバングラデシュ中央銀行の不正送金事件に用いられた「自律的マルウェア」だ。このマルウェアは、人工知能の先駆けとなるコードを含んでおり、資金の引き出し方法を学習するように設計されていた可能性...(2017/2/24 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
 Computer Weekly日本語版 2月22日号は、以下の記事で構成されています。■本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべし■DNS関連のセキュリティリスクトップ3とその対策■悪質なWebスクレイパーからWebサイトを守る方法■MongoDB導入で航空券発行サー...(2017/2/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態
 近年のセキュリティインシデントは、その被害が1つの企業・組織にとどまらず、広範に及ぶようになっている。IoTデバイスが乗っ取られ、インターネット経由で大規模なシステム停止が実行されるような脅威が現実のものとなった今、その対応があらためて問われている。 ま...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策
 国内での感染被害が広がるランサムウェア。近年の動向を見ると、2015年に猛威を振るった「CryptoWall」の活動が、セキュリティ企業や公的機関の撲滅活動などにより徐々に減少し、「Locky」をはじめとする新型のランサムウェアへの移行が進んでいる。 Lockyは、日本語を...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
Webページのロードは2秒まで、ユーザーの厳しい要求に応えるモバイルサイト開発
 モバイルユーザーはデスクトップユーザーよりもオンラインマーケットでの購入額が大きいという調査結果があり、その差は年間810ドルとも言われている。今モバイルユーザーとモバイルサイトは全世界で爆発的に増加しており、この傾向は日本でも変わらない。 モバイルサ...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

Loading