TechTargetジャパン

技術文書
検索エンジンの検索結果を最適化、上位の表示を狙ってビジネスを有利に
 検索エンジンの検索結果で上位に表示させる手法や技術であるSEO(検索エンジン最適化)は、1990年代半ばに登場して以来、幾度となく変化を遂げてきた。それは主に大手検索エンジンのアルゴリズム変更に伴って生じたものだ。 検索の質を向上させたい検索エンジンにとっ...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
「常時SSL化も万能ではない」、SSL通信を隠れみのにした攻撃にどう対処する?
 Webサイトの全てのページをSSL暗号化することで、セキュリティの強化、ログ精度の向上などを目指す「常時SSL通信化」。これを実施したWebサイトやWebサービスは検索エンジンの評価が高くなりやすいことから、SEO対策としても注目されている。 しかし、近年はSSL通信を...(2017/1/10 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
顧客サービス調査で見えた「顧客の獲得と保持」における決定的な要素とは?
 顧客サービスへの期待が年々高まっていることから、多くの企業が顧客サービスと顧客エクスペリエンスによる差別化を目指すようになった。それでは、満足のいく顧客サービスエクスペリエンスとは具体的にどのようなものだろうか? Microsoftの「顧客サービスの状況に関...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
事例に見る:サイト開設から半年で月間4万アクセスを獲得する方法
 転職や就職に関する記事を掲載する「Sagoooライブラリー」は、2013年11月にサイトを開設し、7カ月後には月間約4万アクセスを達成した。有料の広告を一切使わずにコンテンツを追加する事によってアクセスを増加させ、ソーシャルメディアなどに加え検索エンジン経由でも安...(2014/9/10 提供:株式会社ウィルゲート)

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
ゼロから始めて、1人でできる、効果が出るコンテンツマーケティングの実践方法
 Webマーケティングに継続して取り組めない、効果も明確にならない、その理由は幾つかある。まず「何をしたいのか」という戦略策定が甘いままのプロジェクトスタートだ。広告出稿、SEO、既存Webページ流入などの定番施策が一巡すると、次の手が思い浮かばず頓挫してしま...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
「研究を停滞させずに守る」 大学・研究機関に適した情報保護対策は?
 近年、大学・研究機関で情報漏えい事件・事故が多発している。その中には、マルウェアにより情報が漏えいしてから発覚までに半年以上かかったケースもある。それも外部からの通報で把握できたもので、通報がなければ被害がさらに拡大しかねなかった。 多数の情報資産を...(2017/2/8 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想
 2016年のサイバーセキュリティを振り返るとき、一番に注目されるのがバングラデシュ中央銀行の不正送金事件に用いられた「自律的マルウェア」だ。このマルウェアは、人工知能の先駆けとなるコードを含んでおり、資金の引き出し方法を学習するように設計されていた可能性...(2017/2/24 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
 Computer Weekly日本語版 2月22日号は、以下の記事で構成されています。■本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべし■DNS関連のセキュリティリスクトップ3とその対策■悪質なWebスクレイパーからWebサイトを守る方法■MongoDB導入で航空券発行サー...(2017/2/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態
 近年のセキュリティインシデントは、その被害が1つの企業・組織にとどまらず、広範に及ぶようになっている。IoTデバイスが乗っ取られ、インターネット経由で大規模なシステム停止が実行されるような脅威が現実のものとなった今、その対応があらためて問われている。 ま...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策
 国内での感染被害が広がるランサムウェア。近年の動向を見ると、2015年に猛威を振るった「CryptoWall」の活動が、セキュリティ企業や公的機関の撲滅活動などにより徐々に減少し、「Locky」をはじめとする新型のランサムウェアへの移行が進んでいる。 Lockyは、日本語を...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル
 完璧なビジネスが不可能である以上、企業は苦情から逃れられない。そこで、苦情を避けるのでなく、むしろ顧客が苦情を伝えやすい環境を積極的に作り、企業の問題解決力を高めるべきだと説く「Customer Experience 3.0」(以下、CX 3.0)が注目されている。 そもそも顧...(2017/2/7 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

プレミアムコンテンツ
イノベーションの実現を支える3D CADのあるべき姿と将来への構想
 2016年1月31日〜2月3日(米国時間)に開催された「SOLIDWORKS World 2016」(開催地:テキサス州ダラス)。 5000人を超えるユーザーが世界中から参加する“「SOLIDWORKS」の祭典”では、将来の設計・デザイン業界の変革を見据えた数々の新機能や新製品/ソリューション...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月3日号:今どきのSEO再入門
 Computer Weekly日本語版 2月3日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10の将来は意外に安泰?■Hadoopに社運を賭けるモバイル広告ネットワーク企業の事情■航空機メーカーAirbusに学ぶ、長期IT契約の切り方と契約の注意点■SEOに今すぐ使えるWeb診断・分析...(2016/2/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
インサイドセールス成功の3条件――リード獲得と商談創出の仕組みはどう作る?
 近年は、営業活動を効率化するために科学的なアプローチの採用が進んでいる。その代表的な手法である「インサイドセールス」では、営業活動を分業化し、非訪問の営業活動における「業務オペレーション」「人材」「管理」の全てを制度化/ルール化する。 これにより目指...(2017/1/11 提供:株式会社WEIC)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/1/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
ERP/CRM/Eコマースを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える6つの理由
 分業化が進んだ現在のビジネスは、顧客管理や在庫管理、会計、営業支援、Eコマース、人事管理などを行うさまざまなシステムによって支えられている。従来は、これらを独立して運用し、分散したマスターデータやトランザクションデータの同期・連携を図ってきた。 その...(2017/1/5 提供:Shearwater Japan株式会社)

レポート
顧客の過半数は「営業と話す前に購入判断済み」 変化を迫られる販売戦略
 B2Bのソリューションや製品を導入する際は「営業担当者に連絡する前に調査を行い、購入を決めている」場合が65%を占めていた。つまり、ITソリューションプロバイダーと顧客が接触したときには、すでに購入判断が済んでいるケースが多いとIDCが報告している。 顧客にリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
購入経路の多様化により、あらゆる局面でのマーケティング努力が必要に
 従来のマーケティング手法では、消費者が購入へと至る経路を直線的に捉えてきた。しかし、近年の消費者は、実店舗で商品を購入する前に、ネット検索や口コミ情報を活用するなど、各フェーズでさまざまな顧客接点を利用するようになっている。 消費者のたどる経路は消費...(2016/11/21 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
Webマーケティング「どうすればいいのか分からない」その原因と次にやるべきこと
 Webマーケティングを行うに当たっては、検索エンジンやSNS対策に始まり、ランディングページや入力フォームの改善、見込み客と既存顧客のデータベース化、メールマガジン作成など、さまざまな施策が欠かせない。目的となる売り上げを着実に増やすには、こうした施策をバ...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

レポート
ECサイトが1秒の表示遅延で失う売り上げは? EC基盤が顧客体験に与える影響度
 近年、爆発的な成長を続けるEC市場。2018年には世界全体で3兆150億ドル、アジア地域だけでも1兆8920億ドルの市場規模になるといわれている。この市場に参入する企業は、今後どのような競争に直面することになるのだろうか。 ある調査によると、消費者がEC企業の乗り換...(2016/12/28 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

製品資料
複雑なIT環境で障害は避けられないのか? 影響を最小化する構成要素分析に迫る
 ビジネスの展開に応じて、部分的な増強や入れ替えをすることが多いシステムインフラ。気付けば非常に複雑な構成となっているケースは珍しくない。こうした多種多様なベンダーのハードウェアやソフトウェアが混在する環境では、その複雑さが多くの課題をもたらしている。(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
4業種の利用例に見るマルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは
 顧客や市場に合わせて業務は変化し、これを処理するソフトウェアもさまざまなものが導入される。結果、マルチベンダー環境が出来上がり、保守窓口の分散や、障害時の切り分けに労力がかかる状態になっていないだろうか。 トラブルの早期解消や安定稼働には、利用する全...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに
 多種多様なハードウェアとソフトウェアが用いられている企業のIT環境。採用されているベンダーもさまざまであり、それぞれの保守窓口も異なるため、問題が生じた際の切り分けはユーザー側の負担となる。障害が複雑なほど、解決の道は遠くなる。 とはいえ、単一ベンダー...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?
 本書は、毎年発行されている脅威レポートの最新版『シマンテックウェブサイトセキュリティ脅威レポート 2015』だ。2014年に収集、分析されたサイバー攻撃、サイバー犯罪のデータに基づき、標的型攻撃、情報漏えいに関する最新動向を示している。特に以下の項目はランキ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading