TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストのコストと品質(前編)―「テストの究極の問題」を考える
ソフトウェアテストは重用であるとの論に反論は少ないと思われ、現在はビッグデータやAI、IoTといった要素も加味せざるを得ず、ソフトウェアテストの重要性は増している。しかし、実際の製品開発現場において軽視されがちなのもまた事実である。そこでまず着手するべきは...(2017/2/10 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストの手法と施策
「ソフトウェアテストは数多くあるが、どれをどのように選ぶのか」 この問題に対する唯一の解は「テストは製品とプロジェクトに依存する」となります。つまり製品やプロジェクトに応じてテスト手法を選択し、それらを組み合わせてテストを実施することになりますが、これ...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストのコストと品質(後編)―現場と「上」で一緒に考える
ソフトウェアテストの重要さは言うまでもなく、また、現在はビッグデータやAI、IoTといった要素も加味せざるを得ず、その重要性と困難さは増すばかりである。この事実に立ち向かうには、「ソフトウェアテストの重要性」と「コストと品質のバランス」を再確認し、現場のみ...(2017/2/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みエンジニア「転職に前向き」が7割超える、新天地には「やりがい」「人間関係」求める声
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」は2016年11月、組み込みエンジニアのキャリアに関するアンケート調査を実施した。 転職については約6割がその経験を持ち、複数回の転職経験を持つもエンジニアも3割を超える。また転職への意向について多数を占...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
開発者向けに限定公開!IoT 時代の組み込み機器向け統合プラットフォームの考え方
 ルネサスの開発者向けコミュニティサイトで人気の"Professor IoT"が、さまざまな視点から独自切り口で語る「Renesas Synergy(TM)」の詳細解説記事を特別に限定公開。 今回公開する記事は次の2つ。・「半導体チップ産業における製品としてのソフトウェアとは...(2016/9/26 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
注目のOpenStack導入、「間違ったアプローチ」はなぜ危険か
 eBayは、「OpenStack」を利用してプライベートクラウドを自社開発し、コスト削減やセルフサービスの柔軟性など多くのメリットを享受した。ただし、メリットを得るには条件があった――。 本コンテンツでは、注目を集めるOpenStackにフォーカス。eBayをはじめ、6万5000...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
最大のボトルネックは改善のチャンス、テスト自動化成功の秘訣は?
 Webアプリ開発のライフサイクルが高速化し、迅速な開発、工数削減、コスト削減、品質向上などがより一層求められるようになった。考えられる対策は幾つもあるが、重要な解決策の一つがテスト自動化の推進である。なぜならば、テスト工程はソフトウェア開発において約46...(2016/4/22 提供:マイクロフォーカス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月18日号:Office 2016に影を落とす不吉な前兆
 Computer Weekly日本語版 11月18日号は、以下の記事で構成されています。■Office 2016の出ばなをくじいたMicrosoftの失敗 Microsoftの収益源になると見られているOffice 2016。クラウドベースのコラボレーション機能を前面に押し出すが、いきなりある失敗を犯した。(2015/11/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly Webサイトにつきつけられる再生可能エネルギー問題
 環境保護団体グリーンピースは毎年、各種サービスプロバイダーの再生可能エネルギー導入状況を監視してリポートを発表している。ユーザーは、サービスの選定条件にサービスプロバイダーの環境保護への取り組みを取り入れるべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成さ...(2015/11/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月4日号:新DDoS攻撃「ローアンドスロー」の脅威
 Computer Weekly日本語版 11月4日号は、以下の記事で構成されています。■iPad Proの真のライバルはSurface Pro 3にあらず 以前からその存在がうわさされ、ようやく発表されたiPad Pro。Surface Pro 3と競合すると目されているが、本当に競合する製品はSurface Pro 3...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
設計品質を向上させるための「状態遷移表」設計手法まとめ
 組み込みソフトウェアには、さまざまなイベントに対し、その時の状態に応じた動作・処理をさせる必要がある。そのため、開発現場では「状態遷移表」を使った設計が行われてきた。 状態遷移表を用いた設計手法の歴史は長く、古くから“設計品質を向上させるための手法”...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
DevOpsのための製品導入戦略ガイド
 アプリケーション開発チームとシステム運用チームを融合させる「DevOps」は、アプリケーション開発と導入に対するニッチなアプローチから、本流へとシフトしつつある。 本PDFは、以下の3つの記事で構成されている。これらの記事を通して、連続的なリリースを必要とする...(2015/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月21日号:今、リプレースが必要な理由
 Computer Weekly日本語版 10月21日号は、以下の記事で構成されています。■Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか? Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケ...(2015/10/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly OpenStack活用事例集
 大規模、ミッションクリティカルな用途への導入が進むOpenStack。具体的にどのような分野で活用されているのか? 何を検討するべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。・「OpenStackはクラウドではない」――OpenStackプライベートクラウドを構築したe...(2015/10/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「Windowsハードウェア認証」が製品の価値を上げる理由
 Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介してきた連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。連載最終回となる今回は、Windows 10になってもきっと残るであろう、「Windowsハードウェア認定」について...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
静的解析ツールに必要な「3つの基本要素」とは
 静的解析ツールは、ソフトウエア・プログラムを実行することなく、そのソース・コードをチェックして、不具合を開発者に知らせるものだ。 中には、プログラムの欠陥数を減らすためだけでなく、セキュリティ脆弱(ぜいじゃく)性の検出にも利用できるものもある。 静的...(2015/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ソフトウェアの品質と安全性向上のための「形式手法」入門編
 ソフトウェアの品質を確保するため、誰もがレビューとテストを行う。しかし、一般的に行われているレビューやテストにおいて、システムが正しく動作することをどの程度保証できているのだろうか。 優秀なエンジニアによる小規模ソフトウェア開発であれば、設計・テスト...(2015/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
モバイルアプリのパフォーマンステストに関する5つの誤解
 モバイルアプリケーションのパフォーマンスを評価するために、モバイルデバイスをアルミ箔で包んだり、エレベーターで地下室に行ったり……。このような不合理なテストを行ってはいないだろうか? 誤った認識に基づいたテスト手法が用いられている理由は、モバイルアプ...(2015/4/16 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月15日:スマートウオッチの業務利用
 Computer Weekly日本語版 4月15日号は、以下の記事で構成されています。■注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは? Apple Watchによってスマートウオッチ市場が本格的に始動した。コンシューマライゼーションはこのデバイスでも発生する...(2015/4/15 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「ネットワーク仮想化」はソフトウェアテストに何をもたらすか?
 モバイルは、顧客とのコミュニケーションに不可欠なチャネルであり、常時稼働、常時接続の今日の世界において高い競争力をもたらしてくれる。しかし、モバイルで印象を残すチャンスは1度しかなく、エンドユーザーは辛抱強く待ってはくれない。 モバイルアプリのパフォ...(2015/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月3日号:iPad vs. Windows 8.1 勝者は?
 Computer Weekly日本語版 12月3日号は、以下の記事で構成されています。■GoogleのFIDO U2Fセキュリティキー対応で認証技術はどう変わる? GoogleはFIDO AllianceのU2F標準のサポートを発表。ChromeとU2F対応USBキーがあればユーザー認証が簡単かつセキュアになる。こ...(2014/12/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
モバイルアプリを失敗に導く「7つの間違ったパフォーマンステスト手法」とは?
 ネットワークの状態は、さまざまな形でアプリケーションのパフォーマンスに影響を与える。HPの調査によると、モバイルトランザクションの応答時間の70%はネットワーク上で費やされていることが分かった。このような現実から、アプリケーションを本稼働させる前に、包括...(2014/9/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
アプリケーションパフォーマンスが招くリスク──テスト環境に潜む課題とは?
 アプリケーションやソフトウェアアップデートのパフォーマンスに問題があると、顧客やパートナー、および従業員の満足を得られず、ビジネスに悪影響が生じてしまう。そのような状況で、アプリケーションをリリースする前に徹底的にテストすることの重要性については広く...(2014/9/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
モバイルアプリのパフォーマンステスト、7つの危険なアプローチとは?
 ネットワークの状態はさまざまな形でアプリケーションのパフォーマンスに影響を与えてしまう。従ってアプリケーションを本稼働させる前には、包括的なテストを実施する必要があるだろう。しかし、一般的なパフォーマンステストのアプローチの中には、ビジネスを危険にさ...(2014/7/8 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
テスト自動化を成功させる秘訣とは?
 米スタンディッシュ・グループの「Chaos Report 2009」によると、ソフトウェア開発プロジェクトの統計では「68%のプロジェクトが成功していない」「50%のプロジェクトが遅延」といった結果が出ている。ITプロジェクト失敗の原因トップ5は「顧客のプロジェクトへの関与...(2014/2/12 提供:マイクロフォーカス株式会社)

Loading