2019年02月25日 05時00分 公開
特集/連載

今後に備えるために2019年に磨くべき5つのデータセンタースキル

データセンターにおけるソフトウェアの比重が高まる中、管理者はクラウドやコンテナ、DevOps、人工知能(AI)について学び、今後に備える必要がある。

[Clive Longbottom,TechTarget]

関連キーワード

データセンター


 2019年におけるデータセンター管理者の仕事には、クラウド、仮想リソース、管理ソフトウェアに関する豊富な知識が要求される。

 IT管理者は、精通しているであろう従来のデータセンターとは異なるデータセンターを管理する準備を整える必要がある。クラウド、コンテナ、人工知能(AI)を組み合わせた環境をサポートするための基本を理解しておかなければならない。

 こうしたハイブリッドIT環境の実装、運用、トラブルシューティング、更新を行う際には、さまざまな新しい問題が起こり、ハードウェア要件、セキュリティ、データ収集などに関するさまざまなデータセンタースキルが必要になる。では、管理者は2019年にどのようなスキルに重点を置くべきなのだろうか。

1. クラウドの選択と管理

 クラウドの導入が進む中、管理者は、サービスとしてのインフラ(IaaS)、プラットフォーム(PaaS)、ソフトウェア(SaaS)の仕組みや、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドのそれぞれ異なるメリットとデメリット、クラウドのサポートに必要なハードウェアについて学ばなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...