2019年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

ベンダー選びのポイントは?サービスとしてのネットワーク「NaaS」でLAN、WAN、データセンターはどう変わる

「Network as a Service」(NaaS)によってネットワークインフラを設計する場合、LAN、WAN、データセンターのどこで採用するかによってその設計が異なる。それぞれの導入方法を解説する。

[Andrew Froehlich,TechTarget]
画像

 Software as a service(SaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Infrastructure as a service(IaaS)の3つのアーキテクチャは、その概念がようやく理解されつつある。だがサービスとしてのネットワーク、「Network as a Service」(NaaS)のアーキテクチャについて理解できている人は多くない。

 大まかに定義すれば、NaaSとはサードパーティーが提供、管理するデータ転送サービスの総称だ。NaaSによるネットワークインフラは、企業のWAN、LAN、データセンターなどに導入される。NaaSによるネットワーク設計にはさまざまな形式があり、目的も広範に及ぶが、このアーキテクチャによって得られる利点は他の「As a Service」に類似している。つまり、スケーラビリティの確保、設備投資(CapEx)から運用コスト(OpEx)への経費転換、インフラ管理業務の大幅な効率化などが期待できる。こうした利点を見込み、NaaSに対するニーズが高まっている。

 本稿ではNaaSの一般的なユースケースを幾つか紹介しよう。同時に、企業のIT部門がどのようにして既存のITインフラをNaaSへ適切に移行できるのかについても解説しよう。

WAN向けのNaaS

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。