TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
組み込みエンジニア「転職に前向き」が7割超える、新天地には「やりがい」「人間関係」求める声
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」は2016年11月、組み込みエンジニアのキャリアに関するアンケート調査を実施した。 転職については約6割がその経験を持ち、複数回の転職経験を持つもエンジニアも3割を超える。また転職への意向について多数を占...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
電気制御設計/電気電子回路設計者のための「職務経歴書」の書き方
 転職活動をする際に必要となる「職務経歴書」。その記載の仕方にはさまざまなコツが存在します。本稿では、「電気制御設計職」「電気電子回路設計職」にフォーカスして、それぞれに適した職務経歴書作成のポイントをご紹介します。 職務経歴書の作成は非常に大変な作業...(2016/11/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ITサービスマネジメント製品導入戦略ガイド
 ITサービスマネジメント市場が変わりつつある。本稿では技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSがIT部門に与える影響と、インソーシングのトレンド、そしてアウトソーシングしたサービスの統合と管理の概念について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されて...(2016/9/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
メディアコンテンツの多面展開に、指針と成長を与える経営管理の仕組みとは?
 映画、テレビ番組、マンガ、アニメーション、楽曲などの作品を制作し収益を得ているメディアコンテンツ業界において、豊富で優良なコンテンツを制作・流通させることが成長のカギであることは間違いない。しかし一方で、これらコンテンツの1つ1つについてコストや収益状...(2015/10/28 提供:株式会社電通国際情報サービス)

講演資料
プロジェクトマネジメントにおける会計と品質の両立
日揮情報システムではPMAJのP2Mを採用しプロジェクトマネジメントを実施している。このP2Mで定義された「品質」「工程」「進捗」「根拠となるもの」「管理を支援するもの」「その仕組み」などのマネジメント要素の他にも、企業の業績としての受注見込から売上、利益と言っ...(2009/7/23 提供:日揮情報システム株式会社)

レポート
元ソニーCIOが語る、「情報システム部門」が生き延びるための条件とは?
 ソニーグループのCIOを7年間務め、現在はガートナー ジャパンのエグゼクティブパートナーとして、CIOやIT責任者を対象としたエグゼクティブ・プログラムを担当している長谷島 眞時氏。一貫して情報システム部門関連でキャリアを積んだ長谷島氏は、日本の情報システム部...(2014/5/14 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
昭和シェルグループの10年後を見据えた仮想化基盤構築を支えたハードウェア
 石油事業とエネルギーソリューション事業を中核とする昭和シェルグループの情報システム会社である昭和シェルビジネス&ITソリューションズ。同社は、サービス・レベルを保ちつつ、コスト削減を実行することを課題の1つとして取り組んでいる。昭和シェルグループでは、1...(2014/3/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
シンクライアント環境を刷新 富士経済に聞く「VDI化成功のポイント」
 創業以来、マーケティング会社の草分けとして多くの実績をあげてきた富士経済。同社は業務形態や事業所の規模に応じて、東京、大阪、名古屋の3拠点にネットワークブート型、およびサーバベース型シンクライアントシステムを導入し、セキュリティの強化を図ってきた。 ...(2014/2/6 提供:デル株式会社)

事例
約3600台のPC短期リプレース事例:日揮がグローバルで選んだPCとは?
 アジア、中近東、アフリカ、南米、オセアニアなど世界各地の国家プロジェクトに参画し、グローバル展開を進めるエンジニアリング会社の日揮。 同社は、4年間隔でPCのリプレースを実施しており、今回のリプレース実施には、前回の課題から、屋外使用などの条件に耐え得...(2013/12/26 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
トヨタ自動車北海道における統合人事システム選定のポイントと導入後の効果とは?
 世界の自動車産業をリードするトヨタグループの中で、駆動系ユニット製造を担う「北の戦略拠点」と位置付けられるトヨタ自動車北海道。常に3,000人を超える従業員が働くこの一大製造拠点で、人事システムの刷新が行われた。 人事制度改革と基幹システム変更を同時に実...(2013/11/18 提供:株式会社電通国際情報サービス)

講演資料
組織間の管理情報交換を促進する、日本発、共通リソース・モデルの実証
 次世代プロジェクト管理データ交換アーキテクチャ協議会は、組織を越えて多種多様なプロジェクト管理データを相互に交換、共有できるソフトウェア基盤技術を開発している。このセッションでは、共通リソース・モデルと各社による実装例をデモを交えて紹介する。協議会は...(2013/10/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「情報システム部門の危機」、その実像とは
 この数年、一部で「情報システム部門の仕事は価値を失う」とか「情報システム部門は将来消滅する」といった言い方がなされるようになってきた。これは、一般企業において、ITの利用形態が、社内での運用から、クラウドサービス依存へ移行することを前提とした議論だと考...(2013/8/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
自動車向け機能安全規格ISO26262の故障解析に取り組んでいる設計担当者様必見!
 株式会社構造計画研究所では、ISO26262対応を実施されている現場のご担当者様の声を取り入れた、ISO26262故障解析テンプレート(特にPart3〜Part5)とIEC62380規格記載の故障率算出式に基づく故障率算出シートを提供している。 プラットフォームである「IHS品質リスク...(2013/6/19 提供:株式会社 構造計画研究所)

レポート
どうすれば世界で勝てる設計・開発が実現しますか?
 日本の多くの製造業では、CADやPLMシステムが事業部や部門別に選定され、個別最適化されてきた。そのため、1つの企業の中に、複数のCADシステムやPLMのパッケージが混在し、社内の事業部間でもCADデータや技術情報の共有がやりづらい状況になっている状況がよく見られる...(2012/11/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
業務アプリケーション開発の現状と課題
開発エンジニアは何らかの形でユーザーが利用する業務アプリケーションの開発に携わっている。そこで採用される技術や、開発プロジェクトを推進していく上での課題などを、@IT読者にアンケートした調査資料。結果概要を見てみると、基幹系から情報系まで幅広い業務システ...(2012/10/26 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
グローバル製造エクセレンス達成へのロードマップ
 製造環境のグローバル化が加速している昨今、世界中に分散化された製造拠点とサプライチェーンネットワーク上にある製造・ビジネスプロセスとITシステムをつなげグローバル規模での「標準化」が注目を集めている。「標準化」からコスト削減・生産性向上・オペレーション...(2012/10/9 提供:アプリソ ジャパン株式会社)

事例
IBMお客様導入事例 株式会社IHI様
 株式会社IHI(以下、IHI)では、ビジネスを支えるさまざまな業務システムの問合せ管理からインシデント管理、問題管理、変更管理にいたるIT統制に必要となる変更証跡管理は紙ベースの人間系によって行われていたため、管理の手間が雪だるま式に膨らむとともに、承認プロ...(2011/4/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
導入事例 国際紙パルプ商事株式会社 BIでの情報活用
 国際紙パルプ商事では2008年4月頃より、情報系システムの刷新を計画。既存のBIバージョンアップ作業は大変な手間がかかり、ライセンス変更にも多額のコスト発生が明らかになった。 同社は「コスト負担増や苦労を避けられなければ、自社により最適なソリューション への...(2011/3/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
【事例】CMS導入によりサイト作成・更新の効率化とコスト削減を実現したシービー・リチャードエリス
 シービー・リチャードエリス株式会社は、世界に300か所以上の拠点を展開する世界最大の事業用不動産サービス会社、米国 CB Richard Ellis の日本法人である。 同社では 2008年、ワールドワイドでのブランドおよびシステム統合プロジェクトの一環として、SharePoint Ser...(2011/3/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
【非掲載】MKS Integrityの活用事例
各種監査への対応、開発規模の拡大、オフショア開発等、開発現場をめぐる環境はここ数年で急速に変化しています。従来は属人的な管理で対応できたことも、ワークフローに則った作業やログの記録等が要求されるようになりました。本資料では、現場の課題と解決策をまとめ...(2010/11/19 提供:キヤノンソフトウェア株式会社)

製品資料
プロジェクト管理改善のためのシステム化のポイント
 従来のプロジェクト管理は属人的管理であり、個々のツールを組み合わせた運用によって情報の分散が発生している。その結果、ノウハウ共有や予実管理、採算管理ができず非効率的なプロジェクト管理になり、プロジェクトの採算性が上がらないのが現状だ。 統合プロジェク...(2010/6/1 提供:株式会社システムインテグレータ)

レポート
プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM) 選定・評価ガイド
 PPMは、ITガバナンスや新製品開発など、組織の意思決定と実行の改善が求められる幅広い分野に適用でき、その成熟度を高めることができる。そのため幅広い機能特性を備えたPPMソリューションを選定することは、事業の成長と成功に直接貢献する。 本書では、PPMの意義を...(2009/12/1 提供:日本CA株式会社)

講演資料
ITコストの4分の1を占める領域への改革提案。野村総研が提案する「覚醒型PC管理」
 昨今の経済状況の中、全ての情報システム部門にコスト削減や効率化という命題が突きつけられているといっても過言ではない。 しかし、単純な人減らしによるスリム化も限界に達し、また業務効率化を図ろうにも新規投資を行うことがままならないというのが現状ではないだ...(2009/6/29 提供:株式会社野村総合研究所)

製品資料
プロジェクト管理会計、標準化、進行基準対応、PMBOK準拠のソリューション
多くのシステム開発ではPMBOKをベースに、エクセルや複数のツールを組合せて原価、進ちょく、要員などのプロジェクト管理を行っている。その結果、・プロジェクト報告のための資料作成が煩雑で管理が形骸化する・情報が分散し、部門長、PMOがプロジェクトの状況を監視でき...(2009/7/21 提供:株式会社システムインテグレータ)

レポート
情報システム部門のスタッフ育成
現在、情報システム部門は2つの流れにさらされている。1つは、従来のシステム開発や運用を担当するだけでなく、経営戦略部門としての役割を担うというもの。もう1つは、経営戦略部門化に伴った開発・運用業務などのアウトソーシング化だ。人材育成から考えると、社外や他...(2008/1/7 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
工事進行基準対応ノウハウを凝縮したプロジェクト管理手法
 2008年8月7日に開催された「デスマーチからの脱却!工事進行基準 〜いまから準備すべきこと〜」セミナーより、工事進行基準による決算対応を長年行ってきたノウハウを持つ日揮情報システムが行ったセッションで配布された資料。 工事進行基準に対応するためには、適切...(2008/9/1 提供:日揮情報システム株式会社)

製品資料
プロジェクト管理と組織的管理のコラボレーションで工事進行基準対策も万全
 工事進行基準施行の鍵となる進ちょく管理や品質管理、成果物管理など、個別のプロジェクト管理に必要な機能、そして経営トップ層や品質管理部門メンバーが必要とする組織管理機能を網羅した、統合型のプロジェクト管理システム「ProcessDirector」。 このホワイトペー...(2008/9/1 提供:日本電気株式会社)

レポート
ITIL Version3による運用管理の新時代
 現在、多くの企業にITガバナンスの実現が求められている。システム障害による事故などを防ぐために、情報システムの信頼性向上が急務となったが、この課題に直接関係してくるのはシステムの運用段階であることが分かった。経済産業省ではこれに対し、保守・運用の重要性...(2008/7/30 提供:株式会社日立製作所)

レポート
素人IT部長に望むこと
 もし情報システム部長に抜てきされたら、何から取り組めばよいのか。IT知識が豊富でない人間が情報システム部長に選ばれた場合の実践的な取り組みをQ&A方式で解説していく。 Q&Aを通して、社外と接する際には素人IT部長にしかできない「素人らしさ」を有効活用するこ...(2008/7/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
自社のソリューションに高度な予測解析機能を。短期・低コストでモジュールを追加!
 BIの浸透とビジネスへの貢献につなげるために、BIソリューションには今後どのような機能が必要となるのか? 現在、市場にあるほとんどのBIソリューションには、スナップショットやレポーティング、クエリ、ダッシュボード、スコアリングなど充実した機能が備えられてい...(2008/2/29 提供:日本ビジュアルニューメリックス株式会社)

Loading