2019年03月29日 05時00分 公開
特集/連載

アーキテクトと開発者のギャップを埋め、開発をスムーズにするツール4選プロジェクトの調整に悩まされないために

どの企業でもソフトウェア開発者とアーキテクトの役割の間にはストレスの原因になる隔たりが生まれることがある。本稿ではそうした隔たりの橋渡しに役立つツールを4つ紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]
画像

 システムやサービスの構想・設計を考える役割であるアーキテクトと、開発者の間にあるギャップに対処するツールや技法はたくさんある。だが、全てのツールがあらゆる目的にかなうわけではない。チーム全体を強化することに優れたツールもあれば、個人に重点を置いてスキルを強化するツールもある。こうしたコラボレーションのツールは、チームのニーズに合わせることが重要になる。

 本稿では、アーキテクトと開発者の間に生まれたギャップに対処する4つのツールの概要を示し、その長所や短所、該当ツールが最も適するシナリオを紹介する。

GitHub

 「GitHub」は、プロジェクトの基盤を作成するツール、コードリポジトリ、ドキュメントリポジトリ、チーム編成機能を備えるコラボレーションツールだ。広く採用されているため、使い慣れている開発者も少なくない。アドオンが充実しており、プロジェクトマネジャーが求める要素がほぼ全て手に入る。

 だが、GitHubではできることが多すぎて、何をどうすればよいか分からなくなりがちだ。GitHubは非常に開放的で共同利用されるため、プロジェクト固有の詳細な規律が用意されることはない。しかし、開発環境がアーキテクトから開発者へ一直線に流れるようになっておらず、ソーシャルコミュニティーとして運用されているなら、コラボレーションを中心とするGitHubの側面は間違いなく効果がある。

NetBeans/Eclipse

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...