“優秀なスクラムマスター”が外さないAtlassian「Jira」認定資格とは? 合格するにはスクラムマスターの5大認定資格【第2回】

スクラムを監督するスクラムマスターが、自身の知識やスキルを証明するのに役立つのが認定資格だ。本稿は「Jira Software」に関する認定資格が問う知識や有用な場面を解説する。

2022年05月31日 05時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 第1回「スクラムマスター認定資格『PSM』(Professional Scrum Master)とは? 合格するには」に続く本稿は、「スクラムマスター」としての能力を証明するのに役立つ5つの認定資格のうち、2つ目を紹介する。スクラムマスターは、開発チームのメンバーに役割やタスクを割り振り、メンバー同士の連携を取りながらプロジェクトを進める「スクラム」における、チーム全体の調整役だ。

認定資格2.Atlassian「Jira Software」の認定資格

 優秀なスクラムマスターに求められるのは、標準的なスクラムのガイドライン「Scrum Guide」に対する理解度の深さだけではない。開発者やプロダクトオーナーといった関係者に、プロジェクトの進捗(しんちょく)を伝えるツールの使用経験も必要になる。

 Atlassianの「Jira Software」(以下、Jira)は、広く普及しているプロジェクトマネジメントツールだ。スクラムマスターはJiraで

  • スプリント(短く区切った開発期間)の計画
  • 開発におけるタスク管理ツール「カンバンボード」の更新
  • 開発速度の測定
  • 開発者へのチケットの割り当て
  • ソースコード共有サービス「GitHub」における「feature」ブランチ(機能の更新や修正に関する一連の変更履歴記録)へのマージ(変更の反映)

といった操作を実行できる。

 スクラムの3本柱の1つは「透明性」だ。プロジェクト関係者はJiraを使うことでスプリントの現状に関する最新情報を即座に入手できる。Jiraを使用および管理する能力があることを証明する認定資格「ACP-610 Managing Jira Projects for Data Center and Server」および「ACP-620 Managing Jira Projects for Cloud Certification」は、スクラムマスターが所有する意味のある認定資格だ。


 第3回は、3つ目の認定資格を紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...