2022年05月20日 05時00分 公開
特集/連載

「10進法を16進法に換算する方法」を数学的に説明するエンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」【第4回】

16進法は、10進法とどのような点が異なるのか。10進法の数値を16進法に換算する場合は、どうすればよいのか。10進法の数値と16進法の数値の対応表を基に考える。

[Bob Reselman,TechTarget]

 2進法と並んで、コンピュータの世界でよく使われる記数法が16進法だ。16進法では0〜9の数字に加えてa、b、c、d、e、fといったアルファベットも使う。これは10進法の数値を16進法の数値に変換した場合の混乱を防ぐのに役立つ。

10進法を16進法に換算する具体的な方法

 10進法の数値と16進法の数値の対応は、以下の表5の通りだ。

表5 10進法の数値と16進法の数値の対応
10進法 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16進法 1 2 3 4 5 6 7 8 9 a b c d e f

併せて読みたいお薦め記事

連載:エンジニアが知っておきたい「2進法」と「16進法」


 ここで10進法の「500」を例に取ろう。10進法の500は16進法の「1f4」になる。500を16の累乗の和として分解すると、

  • 500=1×162+15×161+4×160

と表現可能だ。10進法の15は16進法のfであることを踏まえると、10進法の500は次の表6の通り分解できる。

表6 16進法に換算した10進法の500(丸かっこ内は10進法での表記)
100(162 10(161 1(160
1 f 4

 表6の値をつなげて書いた「1f4」が、10進法の500を16進法に換算した数値であることが分かる。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...