2015年05月29日 13時30分 公開
特集/連載

IEの後継ブラウザが登場も――実は私、ネスケ派でした最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介

米Microsoftが次期OS「Windows 10」で搭載予定の新ブラウザ「Microsoft Edge」に高い関心が。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

IEの後継ブラウザ「Microsoft Edge」に高い関心が

photo Windows 10プレビュー版で動作するMicrosoft Edge《クリックで拡大》

 編集部おすすめの記事は、2位「Microsoftの新ブラウザ「Edge」を先取りレビュー、“最強ブラウザ”の片りんを見た」と、5位「新ブラウザ「Microsoft Edge」は、IEの“危険イメージ”を払拭できるか」です。米Microsoftは、次期OS「Windows 10」で「Internet Explorer」(以下、IE)に代わる後継ブラウザを搭載することを明らかにしています。上記2つの記事では、IEの後継として開発が進められるWebブラウザ「Microsoft Edge」「Microsoft Edge」(開発名:Project Spartan)を紹介しています。「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Safari」など他の人気ブラウザと比べて、IEはその脆弱性をこれまで指摘されてきました。セキュリティホールの修正については、IEでは修正パッチを配布するのに対して、かつての「Netscape Navigator」のようにバージョンアップで対応するなど、対策はさまざまです。Microsoft Edgeの登場で今後のブラウザ利用シェアは変わっていくのでしょうか。今回は、IEを中心にWebブラウザ関連の記事を紹介します。

IEだけが危険ではない、Webブラウザ全体に潜む脆弱性とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...