2018年08月08日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドやサーバレスが浸透、IT運用チームが実践すべきセキュリティ対策は?AWS、Azure、WordPressを安全に運用する

企業のセキュリティ対策は、クラウド化やサーバレスプラットフォームの導入に伴い、ファイアウォールといった従来の対策にとどまらなくなった。新しい環境でデータとアプリケーションのセキュリティを確保するには。

[Chris Moyer,TechTarget]
画像

 「Specter」や「Meltdown」などのゼロデイ脆弱性は、IT運用チーム、特にITセキュリティ担当の安眠を奪う恐ろしい存在だ。幸いクラウドベースの企業のほとんどは、最新のソフトウェア更新プログラムの適用や、Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」のマシンイメージを調整することで、このような脆弱性に対処できる。サーバレスプラットフォームを利用している企業での対処方法はさらに簡単だ。Amazon、Microsoft、Googleなどの企業によって基盤となるハードウェアにパッチが適用されるのを待てばよい。

 しかしこれらの脆弱性は、現代のIT運用チームが目を光らせるべき攻撃対象のごく一部にすぎない。

 ITセキュリティ担当の役割を果たすには、さまざまな脅威がある中でも特に、資格情報の盗難とコードリポジトリの破損に注意しなければならない。カスタムアラートを設定すると異常状態の検出に役立つ。ソフトウェアテストの手順を調整すると、セキュリティリスク検出が可能になる。

サーバレステクノロジーの弱点

 IT運用チームにはやるべきことが山積みだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...