2018年08月08日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドやサーバレスが浸透、IT運用チームが実践すべきセキュリティ対策は?AWS、Azure、WordPressを安全に運用する

企業のセキュリティ対策は、クラウド化やサーバレスプラットフォームの導入に伴い、ファイアウォールといった従来の対策にとどまらなくなった。新しい環境でデータとアプリケーションのセキュリティを確保するには。

[Chris Moyer,TechTarget]
画像

 「Specter」や「Meltdown」などのゼロデイ脆弱性は、IT運用チーム、特にITセキュリティ担当の安眠を奪う恐ろしい存在だ。幸いクラウドベースの企業のほとんどは、最新のソフトウェア更新プログラムの適用や、Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」のマシンイメージを調整することで、このような脆弱性に対処できる。サーバレスプラットフォームを利用している企業での対処方法はさらに簡単だ。Amazon、Microsoft、Googleなどの企業によって基盤となるハードウェアにパッチが適用されるのを待てばよい。

 しかしこれらの脆弱性は、現代のIT運用チームが目を光らせるべき攻撃対象のごく一部にすぎない。

 ITセキュリティ担当の役割を果たすには、さまざまな脅威がある中でも特に、資格情報の盗難とコードリポジトリの破損に注意しなければならない。カスタムアラートを設定すると異常状態の検出に役立つ。ソフトウェアテストの手順を調整すると、セキュリティリスク検出が可能になる。

サーバレステクノロジーの弱点

 IT運用チームにはやるべきことが山積みだ。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...