2007年08月10日 20時31分 公開
ニュース

ウェブセンス、Web2.0の脅威に向けた早期警告システムを発表NEWS

Web2.0アプリケーション内で開始されるセキュリティ攻撃を検出、数分以内にユーザーを保護する新しいシステム

[TechTarget]

 ウェブセンス・ジャパンは8月10日、SNSやWiki、ブログなどのWeb2.0アプリケーション内で開始されるセキュリティ攻撃からユーザーを保護する新システム「HoneyJax」を発表した。HoneyJaxは、Web2.0アプリケーション内でユーザーの行動を模倣することで、拡散する前に脅威を検出するシステム。Websense Security Labsで開発され、現在は「Websense ThreatSeeker」テクノロジの一部となっている。

 Websense ThreatSeekerテクノロジは今回発表されたHoneyJaxに加え、ハニーポットとハニークライアントを使用してOSとアプリケーションをターゲットとする脅威を追跡する。同社は、Websense ThreatSeekerテクノロジをセキュリティフィルタリングソフト「Websense Web Security Suite」に標準搭載することで、Webセキュリティの脅威の発見から数分以内で組織を保護するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...