T-SS、Webシステム上のデータに対する情報漏えい防止ソリューションを発売NEWS

Webシステム上の文書ファイルなどデジタルデータの情報漏えいと不正使用を防止するソリューション「Pirates Buster for WebDocument」を11月6日に発売

2007年10月24日 18時57分 公開
[TechTarget]

 トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)は10月24日、Webシステム上の文書ファイルなどデジタルデータの情報漏えいと不正使用を防止するソリューション「Pirates Buster for WebDocument」を11月6日より発売すると発表した。

 本製品は、フィルタ型サーバで構成されたシステムの採用により、既存のWebシステムを改変することなくファイルの暗号化を可能にした情報漏えい防止ソリューション。ファイルの印刷や編集などの利用権限は管理側で設定することができ、ダウンロード後のファイルは権限を与えられたユーザーしか利用できない。万一ファイルが外部に流出した場合でも、管理側で即時に閲覧を禁止でき、暗号化ファイルのアクセスログも記録できるという。

 基幹系業務の経理情報や人事情報、顧客情報など、Webシステムからスクリプトやデータベースを利用して動的に生成されるファイルも保護できるため、Webシステム上のファイルをトータルで保護することが可能になるとしている。また、特定フォルダにファイルを入れるだけで暗号化する機能や、Webページに対する認証を可能にするオプションも用意している。

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | 機密情報 | 文書管理


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...