OKI、指紋認証IPを搭載した指紋認証エンジンLSIのサンプル出荷を開始NEWS

指紋認証アルゴリズムをハードウェア化したIPを開発・搭載。指紋画像取り込みから認証までを 0.8秒以下で実行し、外付けメモリなしで最大15指まで指紋データの登録が可能

2007年11月12日 20時48分 公開
[TechTarget]

 沖電気工業(OKI)は11月12日、指紋認証IPを搭載した指紋認証エンジンLSI「ML67Q5250」のサンプル出荷を同日より開始したと発表した。

 本製品は、指紋認証アルゴリズムをハードウェア化したIPを開発しML67Q5250に搭載したもの。これにより、外付けメモリを必要とせずに高速処理、高精度、低消費電力を特徴とした指紋認証システムを低コストで実現できるとしている。

 クロック周波数32MHzで、指紋画像取り込みから認証までを 0.8秒以下で実行するほか、指紋データ格納用フラッシュメモリを内蔵することで外付けメモリを必要とすることなく最大で15の指紋データの登録が可能となっている。指紋認証アルゴリズムには、スウェーデンPrecise Biometrics ABの「DFT方式」(指紋の凹凸を波形データに変換して照合)を採用。また、ノートPCや携帯電話に広く採用されている米オーセンテック製のスライドセンサーおよび各社のタッチセンサーに対応している。

関連ホワイトペーパー

指紋認証 | 運用管理 | セキュリティ対策


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...