2007年11月12日 20時48分 公開
ニュース

OKI、指紋認証IPを搭載した指紋認証エンジンLSIのサンプル出荷を開始NEWS

指紋認証アルゴリズムをハードウェア化したIPを開発・搭載。指紋画像取り込みから認証までを 0.8秒以下で実行し、外付けメモリなしで最大15指まで指紋データの登録が可能

[TechTarget]

 沖電気工業(OKI)は11月12日、指紋認証IPを搭載した指紋認証エンジンLSI「ML67Q5250」のサンプル出荷を同日より開始したと発表した。

 本製品は、指紋認証アルゴリズムをハードウェア化したIPを開発しML67Q5250に搭載したもの。これにより、外付けメモリを必要とせずに高速処理、高精度、低消費電力を特徴とした指紋認証システムを低コストで実現できるとしている。

 クロック周波数32MHzで、指紋画像取り込みから認証までを 0.8秒以下で実行するほか、指紋データ格納用フラッシュメモリを内蔵することで外付けメモリを必要とすることなく最大で15の指紋データの登録が可能となっている。指紋認証アルゴリズムには、スウェーデンPrecise Biometrics ABの「DFT方式」(指紋の凹凸を波形データに変換して照合)を採用。また、ノートPCや携帯電話に広く採用されている米オーセンテック製のスライドセンサーおよび各社のタッチセンサーに対応している。

関連ホワイトペーパー

指紋認証 | 運用管理 | セキュリティ対策


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...