2010年03月18日 09時00分 公開
ニュース

日本HP、中堅・中小企業向け通信サービスプラットフォームをSaaS型で提供NEWS

日本HPは、通信事業者などのサービスプロバイダー向けに、複数の通信サービスを中堅・中小企業にワンストップで提供可能にする統一プラットフォームを発表した。

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは3月17日、通信事業者などのサービスプロバイダー向けに、複数の通信サービスをワンストップで提供可能にする統一プラットフォーム「HP Aggregation Platform for SaaS(HP APS)」を提供開始した。料金は個別見積もりとする。

 HP APSは、中堅・中小企業(SMB)が必要とするサービスの検索機能「Market Place Portal」やサービス利用契約のためのポータル機能「SMB Customer Portal」、複数のサービスを利用可能にする機能「SaaS Service Provisioning」などで構成。各種通信サービスや顧客管理システム(OSS)、請求システム(BSS)などと連携する。通信事業者は同社のクラウドサービス「HP CaaS」を通じてHP APSを利用することで、中堅・中小企業などに自社の通信サービスを提供できるという。

 例として、通信事業者がIPネットワーク内でIP電話端末間の接続をするIP-PBX、企業の電話窓口で音声の自動応答をするIVR、通話録音、テレビ電話会議システム、コンタクトセンターなどが提供可能となるほか、企業内通信サービスの運用コスト管理が容易になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...