2010年03月18日 09時00分 公開
ニュース

日本HP、中堅・中小企業向け通信サービスプラットフォームをSaaS型で提供NEWS

日本HPは、通信事業者などのサービスプロバイダー向けに、複数の通信サービスを中堅・中小企業にワンストップで提供可能にする統一プラットフォームを発表した。

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは3月17日、通信事業者などのサービスプロバイダー向けに、複数の通信サービスをワンストップで提供可能にする統一プラットフォーム「HP Aggregation Platform for SaaS(HP APS)」を提供開始した。料金は個別見積もりとする。

 HP APSは、中堅・中小企業(SMB)が必要とするサービスの検索機能「Market Place Portal」やサービス利用契約のためのポータル機能「SMB Customer Portal」、複数のサービスを利用可能にする機能「SaaS Service Provisioning」などで構成。各種通信サービスや顧客管理システム(OSS)、請求システム(BSS)などと連携する。通信事業者は同社のクラウドサービス「HP CaaS」を通じてHP APSを利用することで、中堅・中小企業などに自社の通信サービスを提供できるという。

 例として、通信事業者がIPネットワーク内でIP電話端末間の接続をするIP-PBX、企業の電話窓口で音声の自動応答をするIVR、通話録音、テレビ電話会議システム、コンタクトセンターなどが提供可能となるほか、企業内通信サービスの運用コスト管理が容易になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...