【事例】清水建設が統合ID管理製品を更新し続ける訳古参・新参ユーザーが語る、統合ID管理のメリットと課題

1万人以上の従業員IDの管理に統合ID管理製品を利用する清水建設と山九。この2社の導入事例から、統合ID管理の導入効果や課題を探る。

2012年07月10日 09時00分 公開
[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 複数ある業務システムのIDやパスワードを一元管理する「統合ID管理」製品。システムの増加に伴い複雑化するID管理を効率化すべく、導入に踏み切る企業は多い。

 本稿は、2000年という比較的早期に統合ID管理を導入した清水建設と、2011年に統合ID管理を導入した山九の事例を基に、統合ID管理製品の導入に伴うメリットや課題を洗い出す。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。