2012年10月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

リリース直前、「Windows Phone 8」の事実と謎【前編】Windows Phone 8を買いたくなる5つの事実

2012年10月29日にリリースされるとみられる「Windows Phone 8」。国内販売はさらに先になりそうだが、注目すべき点は多い。今までに分かっている事実を整理しよう。

[Adama D. Brown,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows Phone 8(WP8)」のリリースが目前に迫っているが、この新しいスマートフォンプラットフォームについては、まだ大きな疑問が幾つか残されている。前編では、WP8に関して既に明らかになっている5つの事実をリストアップする。

(1)WP8は強力な機能と高解像度ディスプレーをサポートする

 MicrosoftがOSをアップデートする主要な目的の1つに、新しいハードウェア機能をサポートすることがある。従来版のWindows Phoneでは、デュアルコアプロセッサや高解像度ディスプレー、メモリカードなど、競合端末では何年も前からほぼ標準装備となっているハードウェアをサポートしていなかった。

 これとは対照的に、WP8は、HD(高解像度)ディスプレーやマルチコアCPUに加え、NFC(近距離無線通信)、デジタルウォレット、「Internet Explorer 10」「Xbox Music Pass」など数々の最先端技術や機能、アプリケーションを利用できる。

 WP8は、端末内蔵の128ビット暗号化やリモート管理、安全な起動を実現する「Secure Boot」、企業独自のアプリケーションを社内で安全に配布する機能など、エンタープライズレベルのセキュリティを提供するためのアップデートも多数盛り込まれている。

(2)WP8は従来のスマートフォンをサポートしない

 既にWindows Phone 7(WP7)端末を購入したユーザーの場合、たとえそれが2012年の最新モデルである「Nokia Lumia 900」であったとしても、WP8を利用することはできない。残念ながら、Microsoftは、WP7端末をWP8へアップグレードできないようにしたのだ。また、WP8用に開発されたアプリケーションを従来の端末で利用することもできない。WP7用アプリはWP8で動作するが、その逆は不可能なのだ。

 Microsoftはこの理由について、旧バージョンのWindows Phoneと、非常に制約が多い従来版対応ハードウェアから決別するためだとしている。これらのサポートを引きずることは、WP8の先進的な機能とアプリケーションを実行する妨げとなるからだ。遅い動作速度は、WP8のエクスペリエンスを台無しにするとMicrosoftは考えているようだ。

(3)無線経由のアップデートにより最低1年半は新端末をサポートすると約束

 既存端末のサポート放棄に対する批判を和らげるためか、MicrosoftはWP8のリリース以降、少なくとも1年半はOSアップデートを通じてWP8端末を最新状態に維持すると約束している。つまり、リリース直後にWP8端末を購入したとしても、2013年秋まではメジャーアップデートが実施される心配がないというわけだ。携帯電話では2年間のサービス契約が標準であることを考えれば、1年半という期間は必ずしも長いとはいえないが、保証がない状態よりはずっとましだ。

 WP8では、無線経由でOSをアップデートする機能も新たに導入される。メディアプレーヤー「Zune software」を使わずにWP8のアップデートが済むようにすることで、新バージョンを直接配信できる他の主要プラットフォームに対抗できるようにするというのが、Microsoftの狙いだ。

(4)「熱心なファン」にアップグレードをいち早く紹介

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...