2011年08月05日 18時30分 公開
特集/連載

Windows Phone 7のセキュリティ機能には課題が山積み深刻なセキュリティ問題が生じる可能性も

日本でも搭載端末が発売されて注目が集まるWindows Phone。しかし、同OSには企業のセキュリティインフラを迂回してしまう機能があるなど、セキュリティの確保には注意が必要だ。

[Sam Cattle,TechTarget]

 大企業や中堅・中小企業(SMB)の従業員がWindows Phone 7搭載のスマートフォンを使い始める中、Windows Phone 7のセキュリティ機能にはさまざまな側面があることが分かってきた(参考:気になるセキュリティは? 「Windows Phone 7」のビジネス利用を考える)。ある程度のセキュリティ機能は実装されているものの、未対応のセキュリティ問題もある。本稿ではその問題について取り上げる。

 大抵の携帯電話と同様、Windows Phone 7は暗証番号を使って端末の画面をロックできる機能に対応している。これはスマートフォンになくてはならない機能だ。

 Microsoftはデータストレージとアプリケーション実行の隔離についてもある程度の措置を講じた。これでマルウェアを防げる可能性はあるが、その効果についてまだ判断を下せる段階ではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...