2014年06月12日 15時00分 公開
特集/連載

不遇のOS「Windows RT」、盛り返しの鍵は“Surface Mini”とユニバーサルアプリ「Surface Pro 3」発表の影で考える

米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、既に一部の企業が導入を決めるなど、一定の評価を得ている。一方、Windows RTベースの「Surface」はますます影が薄くなっている。今後、生き残るすべはあるのだろうか。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、アーリーアダプターからの支持を集めている。その一方で、「Windows RT」をベースとした「Surface」の今後は不透明なままだ。

 米シアトル小児病院や米Coca-Cola、フランスLouis Vuitton Moët Hennessyといった企業は、既にSurface Pro 3の導入を決めている。一部の企業にとって、Surface Pro 3の発表時期は絶好のタイミングだった。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。