2014年06月12日 15時00分 公開
特集/連載

不遇のOS「Windows RT」、盛り返しの鍵は“Surface Mini”とユニバーサルアプリ「Surface Pro 3」発表の影で考える

米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、既に一部の企業が導入を決めるなど、一定の評価を得ている。一方、Windows RTベースの「Surface」はますます影が薄くなっている。今後、生き残るすべはあるのだろうか。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、アーリーアダプターからの支持を集めている。その一方で、「Windows RT」をベースとした「Surface」の今後は不透明なままだ。

 米シアトル小児病院や米Coca-Cola、フランスLouis Vuitton Moët Hennessyといった企業は、既にSurface Pro 3の導入を決めている。一部の企業にとって、Surface Pro 3の発表時期は絶好のタイミングだった。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...