2014年07月02日 15時00分 UPDATE
特集/連載

脆弱なアプリケーションやプラグインが狙われるあのショッピングサイトがサイバー攻撃の標的になる技術的理由

ECサイトを狙った攻撃が増えている。決済情報などの機密データを有しているだけでなく、サーバが脆弱である場合が多いため、攻撃者にとって格好の標的になっているのだという。新たな調査リポートで明らかになった。

[Brandan Blevins,TechTarget]
0701_kf_security.jpg

 クレジットカードの決済情報など機密データを取り扱うEC(電子商取引)サイトを標的とした攻撃がますます増えている。ECサイトを容易かつ広範に不正利用するための手段として、脆弱なアプリケーションやサードパーティー製プラグインが格好の標的になっている、と新たなリポートが伝えている。

 米Trustwaveは、計691件のデータ侵害について世界24カ国の企業から情報収集し、「2014 Global Security Report」(2014年グローバルセキュリティリポート)にまとめた。データ侵害件数は、前年のリポートから50%以上の増加となった。また、攻撃の多くは金銭的利益を狙ったものであることが分かった。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...