2014年07月23日 08時00分 公開
特集/連載

手軽に始められる、Hyper-Vの「BCP/DR対策」「無停止運用」機能Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第3回】

「Windows Server 2012」で大きな変化を遂げた「Hyper-V」。Hyper-Vの比較的新しい機能の中から、BCP/DR対策に役立つ機能と長期運用を支えるテクノロジーについて説明する。

[田中 隆三郎,日本マイクロソフト]

 2008年の登場以来、進化を遂げてきたMicrosoftの「Hyper-V」。特に、「Windows Server 2012」におけるHyper-Vの機能拡張は大きな変化であった。Microsoftは現在、Cloud OSビジョンを掲げて製品/サービスを提供している。それは、クラウドに関するユーザーの関心の高まりやデバイスの多様化、ソーシャルメディアの広がり、データ量の爆発的な増加を背景として、データセンターのOSの役割を再定義するものである。1サーバ1OSという従来のOSの考え方ではなく、1カ所のデータセンターをあたかも1つのOSとして捉える。このビジョンを実現するのが、ユーザーが管理するプライベートクラウド、Microsoftが提供するクラウドサービス「Microsoft Azure」、そしてMicrosoftのパートナーのサービスプロバイダーが管理/提供するクラウドサービスである(図1)。

図1 Cloud OSビジョン

 これらに一貫したプラットフォームを提供するのがCloud OS ビジョンであり、Windows ServerおよびHyper-Vは、このビジョンの中核を担う製品/機能といえる。本稿では、こうした背景を踏まえ、Hyper-Vの比較的新しい機能の中から、BCP/DR対策に役立つ機能と長期運用を支えるテクノロジーについて説明する。なお、本連載は、Windows Server 2003を使用し、まだ仮想化を進めていないユーザーを想定読者としている。

Windows Serverとラピッドリリース

 Windows Server 2012は、2012年9月にリリースされた。その前身の「Windows Server 2008 R2」のリリースが2009年だったため、実に約3年ぶりのアップグレードに該当し、大小約180と多くの機能が追加された。

 このとき既に、MicrosoftはCloud OSビジョンを掲げており、Windows Serverに追加された新たな機能群は、そのビジョンを実現するものだったといえる。そして、その約1年後の2013年10月には、早くも次期バージョンの「Windows Server 2012 R2」がリリースされている。このような早いサイクルで次のバージョンをリリースしているのは、Microsoftが現在「ラピッドリリース」の考えを取り入れているからである。

 クラウドに関するサービスのリリースは頻繁で、オンプレミスと比べてサイクルが非常に早いという特徴がある。当然、Microsoft Azureも例外ではなく、毎月のように新たな機能/サービスがリリースされている。この考え方が、Windows Serverといった既存のMicrosoft製品のラピッドリリースにもつながっている。

 特に、Microsoft AzureはHyper-Vテクノロジーをベースとしている。新機能をリリースした際には、今やMicrosoft Azureの方で先に実装し、後にWindows Serverの機能としても実装するという、サイクルの逆転も起こっている(必ずしも全ての機能がクラウド先行型で提供されるわけではない)。こうしたところからも、昨今のMicrosoftが「クラウドファースト」というメッセージを掲げているゆえんを感じ取ることができる。

Hyper-Vレプリカ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...