2014年11月26日 08時00分 公開
特集/連載

まだまだ現役の「Windows 7」、メインサポート終了後も安全に使うためには?トラブルやセキュリティの解決に役立つツールを紹介

「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月に終了する。しかし、多くの企業ではまだまだ現役だ。本稿では、トラブルやセキュリティの解決に役立つツールを紹介する。

[Ryan McLaughlin,TechTarget]

 米Microsoftは「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日に終了する予定だが、依然として多くの企業が同OSを利用している。

 Windows 7のリリースをまだ最近のことのように感じ、メインストリームサポートが間もなく終了すると聞いて驚く人も多いかもしれない。「Windows XP」と同様、多くのIT部門は当面、Windows 7を継続利用する計画だ。Windows XPからの移行組もあれば、「Windows 8」を飛ばして「Windows 10」がリリースされるのを待っているケースもある。つまり、メインストリームサポートが終了するとはいえ、Windows 7はまだまだ現役ということだ。

 そこで本稿では、Windows 7のトラブルシューティングとサポートに関する、よくある質問にお答えしよう。

Windows 7のトラブルシューティングにはどのようなツールを利用できるか

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...