2014年11月26日 08時00分 公開
特集/連載

まだまだ現役の「Windows 7」、メインサポート終了後も安全に使うためには?トラブルやセキュリティの解決に役立つツールを紹介

「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月に終了する。しかし、多くの企業ではまだまだ現役だ。本稿では、トラブルやセキュリティの解決に役立つツールを紹介する。

[Ryan McLaughlin,TechTarget]

 米Microsoftは「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日に終了する予定だが、依然として多くの企業が同OSを利用している。

 Windows 7のリリースをまだ最近のことのように感じ、メインストリームサポートが間もなく終了すると聞いて驚く人も多いかもしれない。「Windows XP」と同様、多くのIT部門は当面、Windows 7を継続利用する計画だ。Windows XPからの移行組もあれば、「Windows 8」を飛ばして「Windows 10」がリリースされるのを待っているケースもある。つまり、メインストリームサポートが終了するとはいえ、Windows 7はまだまだ現役ということだ。

 そこで本稿では、Windows 7のトラブルシューティングとサポートに関する、よくある質問にお答えしよう。

Windows 7のトラブルシューティングにはどのようなツールを利用できるか

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...