iOS/Android版Officeに注目 2015年上半期、情報系システムで最も読まれた記事はユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(情報系システム編)(2/2 ページ)

2015年08月13日 08時00分 公開
[中尾太貴TechTargetジャパン]
前のページへ 1|2       

オープンソースのオフィスソフトという1つの選択肢

 オフィスソフトとしてMicrosoftの「Office 2013」を使っている企業は少なくないでしょう。こうした企業が取り得る主要な選択肢として、「Office 2013を使い続ける」「『Office 365』に乗り換える」「オープンソースのオフィスソフトに乗り換える」の3つがあります。そして、それぞれに長所と短所があります。各製品の長所と短所を比較した記事が、3位「徹底比較:Office 365、Office 2013、無料オフィスの意外な勝者は?」と8位「オープンソースのオフィスソフト比較:『LibreOffice』vs.『OpenOffice』」と2本ランクインしています。どの企業でも、社内オフィスソフトの切り替えは大仕事になります。切り替えコストだけでなく、生産性への影響や保守の手間も考える必要が出てきます。自社にあった最適な選択肢を考える際に、上記記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

近づきつつある「メール時代の終わり」

 多くの企業でコミュニケーション手段として使われるメール。徐々にその時代が終わりを迎えてきているとの声があります。メールからの乗り換えに関連する記事として4位「メール不達にCEOが激怒、“メール廃止”企業 決断の裏側は」と9位「終わりが見えてきた『電子メール時代』、ソーシャルツールで代替は可能か」の2つがランクインしています。1世紀を越える歴史のある大手旅客会社の仏Keolis Commuter Servicesをはじめ、“脱メール”を実現した企業が語る今後のソーシャルコラボレーションツールの在り方を紹介しています。


前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...