2015年03月11日 08時00分 公開
特集/連載

終わりが見えてきた「電子メール時代」、ソーシャルツールで代替は可能か脱メールの成功企業が語る

メールは長きにわたって企業におけるコミュニケーションの主力プラットフォームとして君臨してきた。だが、あるヘルスケア企業では、相棒と慕ってきたメールの排斥によって生産性を高められることが判明した。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 ソーシャルコラボレーションソフトウェアの利用機会が増えるのに伴い、企業と従業員にある共通の認識が生まれている。それは、この技術がビジネスにおける時代遅れの連絡方法に取って代わることだ。


ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...

news061.jpg

SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げ...