2015年10月08日 12時15分 公開
特集/連載

仮想デスクトップに活路政府も企業も悩むモバイルとセキュリティ 解決策は?

米国共通役務庁(GSA)はIT運用の再編成を行い、米国各地に分散していたGSAのIT業務を一元管理するとともに、1万4000台のデスクトップPCの多くをVMwareのVDI環境に移行したという。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
VMware Horizon Viewのアーキテクチャ(出典:徹底比較:生い立ちから分かる、デスクトップ仮想化主要3製品の違いとは?)《クリックで拡大》

 政府機関のIT部門の中には、全てのIT部門と同じジレンマを抱えているところがある。具体的には、セキュリティと自由を確保しながら、モバイルユーザーをサポートする柔軟性を提供するという課題だ。

 米国政府機関のIT部門は、セキュリティのバランスを取りながらエンドユーザーに選択肢を与えるという難題に直面している。そして、多くのIT部門が両者を実現するために使用しているのが仮想デスクトップインフラ(VDI)だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...