2015年11月10日 12時00分 公開
特集/連載

米司法省お墨付きでもまだ不安? クラウドストレージの真価とは「Box」の企業向けプランを採用

クラウドストレージサービス「Box」の企業向けプランには、高度なセキュリティ機能が多数用意されている。しかし、安全性と利便性の定義は利用者のニーズ次第。要求に合致するサービスか、その目で確かめてほしい。

[Dan Sullivan,TechTarget]
イメージ クラウドストレージのセキュリティは、強固なほどいい、のだろうか?《クリックで拡大》

 米司法省は、クラウドベースの文書ストレージとコラボレーションに米Boxのクラウドストレージサービス「Box」の利用を始めた。しかし、それはこのサービスが企業や組織で利用する場合においても、十分な安全性が確保されていることを意味するだろうか。Boxはエンタープライズレベルにおいてどのようなセキュリティ機能を提供しているだろうか。その他、さらに高度なセキュリティ機能を提供するオプションはあるだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...