2016年07月27日 12時00分 公開
特集/連載

「会議が激減」だけではない利点、ソーシャルコラボツール導入企業が実感するその実力とはなかなか使わない企業の背中を押す

ソーシャルコラボレーションツールは、共同作業を促進し、生産性を高める。だがなかなか使い始めようとしないユーザーも少なくない。実際導入した企業はどのように、導入を進めたのか紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 セグメント別出荷額予測:2010年〜2018年(出典:IDC Japan)(TechTargetジャパン記事「“残念”と言われないユニファイドコミュニケーション導入の進め方」から)《クリックで拡大》

 ソーシャルコラボレーションツールは、従業員間の新しいコミュニケーション手段となり、共同作業を促進し、生産性を高めることにつながる。

 残念なことに、ソーシャルコラボレーションをなかなか使い始めようとしないユーザーも少なからずいる。用途がよく分からないとか、これ以上新しいアプリケーションを使いたくないというのがその理由だ。ソーシャルコラボレーションの利点をどのようにユーザーに伝えたらよいのか、ソーシャルコラボレーションはどのような文化的変化をもたらすのか。またモバイルユーザーにとってどのような利点があるのか、非営利団体Tri-Counties Regional CenterのCIO、ドミニク・ナムナス氏に話を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...