2016年12月02日 12時00分 公開
特集/連載

もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方特選プレミアムコンテンツガイド

働く場所を自由に選べるワークスタイル変革を実現する方法として「サービスとしてのユニファイドコミュニケーション」(UCaaS)が注目されている。UCaaS製品は、どのような観点で選べばいいのだろうか。

[TechTargetジャパン]
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方

 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世代のUCである「サービスとしてのユニファイドコミュニケーション」(UCaaS)の注目が高まっている。

 UCaaS製品はどのような機能を持ち、どのような製品があるのだろうか。またどのような観点で製品を選べばいいのだろうか。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本稿で、UCaaSについて紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...