2017年03月13日 12時00分 公開
特集/連載

HCIよりもコンバージドインフラが生きる企業の特徴とはその安定した性能に信頼を寄せる企業多数(1/2 ページ)

コンバージドインフラを、ハイパーコンバージドインフラとクラウドコンピューティングが取って代ろうとしている。だが、コンバージドインフラは今でも堅牢で有益なプラットフォームだ。

[Robert Gates,TechTarget]
Cisco SystemsとNetAppが共同開発した「FlexPod」プラットフォーム

 クラウドコンピューティングとハイパーコンバージドインフラの導入が進むにつれて、多くのデータセンターでは、コンバージドインフラを選ばなくなっている。だが、重要度の高いビジネスアプリケーションにとってコンバージドインフラは最適な選択肢だと語るIT担当者もいる。

 IDCが調べた最新の売り上げデータによると、2016年第3四半期におけるコンバージドインフラの売り上げは調査対象となっている4つのカテゴリーの中で3つが2015年同時期を下回る結果だった。

 「統合インフラ」の導入件数は11.4%減少し、「認証済み照合システム」(レファレンスアーキテクチャ型システム)でも52%減少している。その大きな要因は、EMCの「VSPEX」検証済みシステムの打ち切りにある。2016年の「統合プラットフォーム」の売り上げも前年比で約10%減少している。売り上げが伸びている唯一の分野が「ハイパーコンバージドインフラ」で、前年同時期で104%の増加を記録している。

 「これらの売り上げ低下は、インフラ市場で顧客が抱えるさまざまな困難と需要の変化を反映している。クラウドコンピューティングとハイパーコンバージドインフラは、簡単に準備と運用ができる。そのため、コンバージドインフラから乗り換えるケースが増えている」とIDCでアナリストとして働くエリック・シェパード氏は語る。

 今後も企業のIT部門は、アーキテクチャや戦略上の理由だけでなく、政治的な理由からも、コンバージドインフラよりハイパーコンバージドインフラを選ぶだろう。「IT部門が明確なビジョンを持って、新しいデータセンターのアーキテクチャを探している場合、企業は少しずつ購入して、ゆっくりとしたペースの拡大を望むかもしれない」と語るのは、データセンターインフラとクラウドサービスを提供するDatalinkで仮想化の手法を統括しているケント・クリステンセン氏だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...