Microsoftが取り組む「トポロジカル量子コンピューティング」とその未来CIOは将来の量子コンピュータに備えよう

Microsoftは、量子コンピュータの可能性に大きな期待を寄せており、夢のコンピュータの実用化に向けて取り組みを進めている。Microsoftの量子コンピューティング計画に関する発表を受け、専門家に話を聞いた。

2017年10月12日 09時00分 公開
[Mekhala RoyTechTarget]
量子コンピューティングに関するMicrosoftのWebサイト 量子コンピューティングに関するMicrosoftのWebサイト《クリックで拡大》

 2017年9月25日、Microsoftは同社主催の「Microsoft Ignite」カンファレンスで、スケーラブルな汎用量子コンピュータの基礎技術として、安定して量子ビットを生み出せる技術「トポロジカル量子コンピューティング」の開発状況について発表した。同社はまた、開発者がトポロジカル量子コンピューティングを試せるハードウェアとソフトウェアのエコシステムの計画を発表し、Microsoftから量子コンピューティングに関する最新情報を受け取るための開発者向けサインアップサイトも用意した。

 このシステムにはMicrosoftの開発環境「Visual Studio」に統合する量子コンピュータ用プログラミング言語が含まれ、これは量子シミュレーター上でも将来の量子コンピュータ上でも動作するという。

 調査会社Gartnerでセキュアアプリケーション開発専門アナリストを務めるマーク・ホーバス氏は「量子コンピュータを活用できる言語を用意することは賢明だ。これによってMicrosoftは主導的立場を築くことができる。量子コンピュータが一般向けに実用化された暁には、Microsoftの言語がトレーニングに使われることになるだろう」と評価する。

 ホーバス氏は、量子コンピュータの実用化は(「物理学がまだそこまで進んでいない」ため)まだ何年も先になると考えているが、サービスとしての量子コンピューティングはこれから5年間、注目を集めると予測する。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...