2018年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップが次に目指すのは「レガシーなWindowsアプリとの融合」モバイルとWindowsのアプリをシームレスに

仮想デスクトップのユーザーが、アプリの機能を最大限に引き出せる形でそのアプリを開くことができれば理想的だ。実現のためにすべきことは何か。

[Alastair Cooke,TechTarget]
画像 ユーザーに最適な方式でアプリケーションを開く仮想デスクトップ?

 タブレットやスマートフォンといった最新のデバイスは、レガシーWindowsアプリケーションをベースにしたアプリケーションを搭載していることがある。大抵は、Windowsへの結び付きが強く、本当の意味でモバイル対応しているとはいえない。

 何が問題かというと、ほとんどのVDI(仮想デスクトップインフラ)製品ではユーザーが使うデバイス(エンドポイント)のネイティブアプリケーション機能を活用できない点だ。ユーザーの生産性を高めるためには、レガシーWindowsアプリケーションと、エンドポイントのネイティブアプリケーションを機能統合する必要がある。

 ローカルアプリケーションと仮想アプリケーションの間を移動できる機能をVDIに持たせることができれば、モバイルワーカーの効率性は向上するだろう。

現実的な問題とは

 例えばユーザーがiPhoneを使っていると仮定する。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...