2019年05月30日 05時00分 公開
特集/連載

医療データ保管の新しい選択肢「クラウドバックアップ」【前編】医療機関のデータ消失リスクを減らす「クラウドバックアップサービス」とは

クラウドのストレージにデータをバックアップする「クラウドバックアップサービス」は、医療機関にどのようなメリットをもたらすのか。簡潔に説明する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

写真 AOSデータ代表取締役社長 春山 洋氏

 医療データのバックアップ手段として、パブリッククラウドのストレージにデータを転送してバックアップを取る「クラウドバックアップサービス」がある。「医療業界においても、データを的確に保護する方法としてクラウドバックアップサービスは検討に値する選択肢となる」と、AOSデータの代表取締役社長、春山 洋氏は話す。同社は医療業界を含むさまざまな業界向けにバックアップやデータ復旧製品を提供している。

 春山氏の話を基に、クラウドバックアップサービスの強みや弱みについて、前後編にわたって解説する。

ハード故障の心配から解放するクラウドバックアップサービス

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...