2019年05月30日 05時00分 公開
特集/連載

医療機関のデータ消失リスクを減らす「クラウドバックアップサービス」とは医療データ保管の新しい選択肢「クラウドバックアップ」【前編】

クラウドのストレージにデータをバックアップする「クラウドバックアップサービス」は、医療機関にどのようなメリットをもたらすのか。簡潔に説明する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

写真 AOSデータ代表取締役社長 春山 洋氏

 医療データのバックアップ手段として、パブリッククラウドのストレージにデータを転送してバックアップを取る「クラウドバックアップサービス」がある。「医療業界においても、データを的確に保護する方法としてクラウドバックアップサービスは検討に値する選択肢となる」と、AOSデータの代表取締役社長、春山 洋氏は話す。同社は医療業界を含むさまざまな業界向けにバックアップやデータ復旧製品を提供している。

 春山氏の話を基に、クラウドバックアップサービスの強みや弱みについて、前後編にわたって解説する。

ハード故障の心配から解放するクラウドバックアップサービス

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。