2019年05月30日 05時00分 公開
特集/連載

医療データ保管の新しい選択肢「クラウドバックアップ」【前編】医療機関のデータ消失リスクを減らす「クラウドバックアップサービス」とは

クラウドのストレージにデータをバックアップする「クラウドバックアップサービス」は、医療機関にどのようなメリットをもたらすのか。簡潔に説明する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

写真 AOSデータ代表取締役社長 春山 洋氏

 医療データのバックアップ手段として、パブリッククラウドのストレージにデータを転送してバックアップを取る「クラウドバックアップサービス」がある。「医療業界においても、データを的確に保護する方法としてクラウドバックアップサービスは検討に値する選択肢となる」と、AOSデータの代表取締役社長、春山 洋氏は話す。同社は医療業界を含むさまざまな業界向けにバックアップやデータ復旧製品を提供している。

 春山氏の話を基に、クラウドバックアップサービスの強みや弱みについて、前後編にわたって解説する。

ハード故障の心配から解放するクラウドバックアップサービス

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...