2019年05月28日 05時00分 公開
特集/連載

サービスのカスタマイズとして機能を追加クラウドの「コミュニケーションAPI」導入前に確認すべきネットワーク要件

要件に合わせてサービスをカスタマイズする手段としてAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)が台頭しつつある。コミュニケーション用APIを利用する際のトラフィックを事前に調べておくことは重要だ。

[Micah Levine,TechTarget]
画像

 クラウドシフトを進める企業の間で、各種ツールやアプリケーションをクラウドサービスとして提供する「X as a Service」の人気が高まっている。こうしたクラウドサービスを業務のニーズに合わせてカスタマイズし、コミュニケーション手段を追加するツールとしてAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)がある。コミュニケーションサービスベンダーは、コミュニケーション機能をワークフローやビジネスアプリケーションに組み込むためのさまざまなAPIを提供している。

 コミュニケーション用のクラウドサービスをカスタマイズするためのAPI利用に際しては、トラフィックの増加に備え、あらかじめネットワークの状況を確認しておく必要がある。

何を調査し、何を準備すべきか

 API導入に向けたネットワークの準備として、最も重要なのが適切な通信容量の確保だ。APIを利用することでトラフィックの流れがどうなるかをあらかじめ推定し、想定トラフィックを処理できる程度の通信容量を確保することが必要になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...