2017年08月21日 05時00分 公開
特集/連載

企業の管理は不要? 「コミュニケーションAPI」との関わり方求められるのは3つの役割

企業はAPIの管理に大きく関わる必要はないが、社内に「コミュニケーションAPI」を導入する際に明らかになる3つの重要な役割には注意すべきだ。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]

関連キーワード

API | PaaS | アプリケーション


 一般に企業は、音声通話やテキストメッセージなどの機能を提供する「コミュニケーションAPI」を管理することはない。CPaaS(Communications Platform as a Service)を使用していれば、理論上物事はスムーズに運ぶはずだ。

 ただし企業はコミュニケーションAPIの2つの重要な側面に目を向ける必要がある。この2つの重要な側面とは「役割」と「アプリケーション」だ。一般にコミュニケーションAPIの管理には次の3つの役割が関係する。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...