企業の管理は不要? 「コミュニケーションAPI」との関わり方求められるのは3つの役割

企業はAPIの管理に大きく関わる必要はないが、社内に「コミュニケーションAPI」を導入する際に明らかになる3つの重要な役割には注意すべきだ。

2017年08月21日 05時00分 公開
[Tsahi Levent-LeviTechTarget]

関連キーワード

API | PaaS | アプリケーション


 一般に企業は、音声通話やテキストメッセージなどの機能を提供する「コミュニケーションAPI」を管理することはない。CPaaS(Communications Platform as a Service)を使用していれば、理論上物事はスムーズに運ぶはずだ。

 ただし企業はコミュニケーションAPIの2つの重要な側面に目を向ける必要がある。この2つの重要な側面とは「役割」と「アプリケーション」だ。一般にコミュニケーションAPIの管理には次の3つの役割が関係する。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。