2017年08月21日 05時00分 公開
特集/連載

企業の管理は不要? 「コミュニケーションAPI」との関わり方求められるのは3つの役割

企業はAPIの管理に大きく関わる必要はないが、社内に「コミュニケーションAPI」を導入する際に明らかになる3つの重要な役割には注意すべきだ。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]

関連キーワード

API | PaaS | アプリケーション


 一般に企業は、音声通話やテキストメッセージなどの機能を提供する「コミュニケーションAPI」を管理することはない。CPaaS(Communications Platform as a Service)を使用していれば、理論上物事はスムーズに運ぶはずだ。

 ただし企業はコミュニケーションAPIの2つの重要な側面に目を向ける必要がある。この2つの重要な側面とは「役割」と「アプリケーション」だ。一般にコミュニケーションAPIの管理には次の3つの役割が関係する。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...