2016年06月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ChatOpsで進化するIT部門のコミュニケーション【第2回】主要チャットサービスを比較――エンジニアだけじゃないチャット活用シーンとは? (1/2)

ビジネスでチャットを利用するメリットを具体的なシーンで解説。また代表的なチャットサービスである「Slack」「ChatWork」「HipChat」の特徴や価格を紹介する。

[堀内晨彦,著]

 第1回「メールからチャットへ――『Slack』『LINE』が変える情報共有と開発手法」では、「情報のハブ」としてのチャットサービスの使い道、チャットと「DevOps」(開発と運用の連携でシステム開発や運用を迅速化すること)を組み合わせた「ChatOps」という考え方について紹介した。

 業務でのチャットの利用がエンジニアの間で広がっていることから、チャットは開発・運用で使うものだと考える人もいるかもしれない。だが実際にはビジネスサイドにも大きなメリットをもたらす。 今回は、チャットのメリットを具体的なシーンで解説するとともに、主要なチャットサービスを紹介する。

チャットの上手な使い方とは?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...