「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】

コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。

2020年01月24日 05時00分 公開
[Tom NolleTechTarget]

関連キーワード

仮想化 | クラスタ | Docker | システム構築


 複数のコンテナを連携させながら運用する方法は主に2つ存在する。1つ目は前編「コンテナ連携ツール『Mesos』とは? 『Kubernetes』との違いは」で紹介した、リソース管理ツール「Apache Mesos」(以下、Mesos)と、コンテナの運用管理を自動化するコンテナオーケストレーションツール「Marathon」を組み合わせる方法。2つ目はコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用する方法だ。

 以下では、Kubernetesのフェデレーション(コンテナ連携)機能を利用した、複数のコンテナを連携させて運用する方法を解説する。

Kubernetesの特徴

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。