2020年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】

コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。

[Tom Nolle,TechTarget]

関連キーワード

仮想化 | クラスタ | Docker | システム構築


 複数のコンテナを連携させながら運用する方法は主に2つ存在する。1つ目は前編「コンテナ連携ツール『Mesos』とは? 『Kubernetes』との違いは」で紹介した、リソース管理ツール「Apache Mesos」(以下、Mesos)と、コンテナの運用管理を自動化するコンテナオーケストレーションツール「Marathon」を組み合わせる方法。2つ目はコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用する方法だ。

 以下では、Kubernetesのフェデレーション(コンテナ連携)機能を利用した、複数のコンテナを連携させて運用する方法を解説する。

Kubernetesの特徴

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...