2020年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】

コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。

[Tom Nolle,TechTarget]

関連キーワード

仮想化 | クラスタ | Docker | システム構築


 複数のコンテナを連携させながら運用する方法は主に2つ存在する。1つ目は前編「コンテナ連携ツール『Mesos』とは? 『Kubernetes』との違いは」で紹介した、リソース管理ツール「Apache Mesos」(以下、Mesos)と、コンテナの運用管理を自動化するコンテナオーケストレーションツール「Marathon」を組み合わせる方法。2つ目はコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用する方法だ。

 以下では、Kubernetesのフェデレーション(コンテナ連携)機能を利用した、複数のコンテナを連携させて運用する方法を解説する。

Kubernetesの特徴

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...