2020年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】

コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。

[Tom Nolle,TechTarget]

関連キーワード

仮想化 | クラスタ | Docker | システム構築


 複数のコンテナを連携させながら運用する方法は主に2つ存在する。1つ目は前編「コンテナ連携ツール『Mesos』とは? 『Kubernetes』との違いは」で紹介した、リソース管理ツール「Apache Mesos」(以下、Mesos)と、コンテナの運用管理を自動化するコンテナオーケストレーションツール「Marathon」を組み合わせる方法。2つ目はコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用する方法だ。

 以下では、Kubernetesのフェデレーション(コンテナ連携)機能を利用した、複数のコンテナを連携させて運用する方法を解説する。

Kubernetesの特徴

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。