2019年06月11日 05時00分 公開
特集/連載

Kubernetes管理ツール「NKS」「Cloudify」「Terraform」「Rancher」を比べた7大「Kubernetes管理ツール」を比較【前編】

複数のパブリッククラウドやオンプレミスにまたがる「Kubernetes」環境を管理するIT管理者にとって、運用を簡素化する「Kubernetes管理ツール」が役立つだろう。主要ツールの特徴を紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]
画像

 コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の活用が広がっている。IT業界における主要なトレンド、とりわけ複数のクラウドを使い分ける「マルチクラウド」との関係において、Kubernetesのエコシステム拡大が顕著だ。

 Kubernetesのユーザー企業は、パブリッククラウドやオンプレミスのインフラ内にクラスタを作成し、コンテナ化したアプリケーションのデプロイ(配備)を自動化できる。インフラのスケーラビリティ(拡張性)やレジリエンス(回復性)については、ユーザー企業自身で確保しなければならない。クラウドベンダーはKubernetesの機能をマネージドサービスとして利用可能にする「マネージドKubernetes」を提供している。こうしたマネージドKubernetesのユーザー企業は、負荷分散やネットワーク接続など、リソースのデプロイと運用を効率化できる。

 クラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesは一般的に、Kubernetesを異なるパブリッククラウドで運用することは想定していない。複数のパブリッククラウドにまたがってKubernetesを運用する場合、それぞれのパブリッククラウドに「島」のように散在するアプリケーションのデプロイや運用に対処できる、Kubernetes管理ツールが必要になる。

 マルチクラウドでKubernetesを運用しようと検討しているIT管理者が選択できる方法は幾つかある。以下で複数のパブリッククラウドやオンプレミスにまたがって、コンテナベースのアーキテクチャを実現できる機能を備えたKubernetes管理ツールを紹介する。

1.NetApp Kubernetes Service(NKS)

 NetAppが提供するマネージドKubernetesの「NetApp Kubernetes Service」(NKS、NetAppが買収したStackPointCloudのサービスがベース)は、複数のインフラにまたがるKubernetes環境に共通の管理コンソールを用意する。Kubernetes管理ツールとしては著名で成熟した製品だ。NKSは個々のパブリッククラウドに導入したKubernetes環境を、個別のクラスタとして扱う。

 NKSの注意点は、主要なパブリッククラウドをサポートしているものの、オンプレミスのKubernetes環境を対象外にしている点だ。オンプレミスのプライベートデータセンターでもKubernetesを運用する場合、パブリッククラウドとオンプレミスのKubernetes環境を別々に運用する必要がある。

2.Cloudify

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...