2019年02月21日 09時00分 公開
特集/連載

Googleの手を離れたKubernetes、今後の展開は?管理団体の変化に伴う期待と不安

Googleは、Kubernetesの大規模テスト環境をCNCFに移管するため、「Google Cloud Platform」(GCP)クレジットとして900万ドルを寄付し、3年間の引き継ぎプロセスに入る。

[Beth Pariseau,TechTarget]
画像

 2018年8月末、Googleはクラウドベースの大規模テスト環境をオープンソースソフトウェア管理団体Cloud Native Computing Foundation(CNCF)に移管する準備を開始した。Googleはこれにより、Kubernetesのガバナンスを完全な独立状態にさせることに一歩近づいた。

 CNCFは、アップストリーム(サードパーティー製でなくコアの)Kubernetesの開発に使用するテスト環境の管理を、Googleから徐々に引き継ぐ予定だ。Googleのスタッフのみが管理していたこのテスト環境は、5000台の仮想マシン(VM)に構築された15万個ものコンテナにより、スケーラビリティのテスト用クラスタを実現する。Kubernetesプロジェクトのコントリビューターは、このインフラでテストを実行する際、これまではGoogle社員を通す必要があった。

Kubernetesがオープンになる時

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態――アビームコンサルティング調査
データを活用し、ESG活動の成果を定量的に把握した上で経営の意思決定を行う「真の統合型...

news117.jpg

Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策...