2020年02月06日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「OSS」はなぜ魅力的で、なぜ手を出しにくいのか?「GitHub」と上手に付き合う

「オープンソースソフトウェア」(OSS)は一般的に無料でコストメリットに優れるが、採用の際には注意すべき点もある。OSSの長所と短所を正しく見極めることが、導入可否の判断に役立つ。

[Dan Franciscus,TechTarget]

 ソースコードを公開している「オープンソースソフトウェア」(OSS)の利用が広がっている。OSSを自社システムに取り入れるべきかどうかの検討を迫られている企業は少なくない。そうした中でソースコード共有サービス「GitHub」のような、開発者同士の連携をこれまでよりもはるかに容易にする手段を手軽に利用できるようになったことは注目に値する。

 企業は導入に踏み切る前にOSSの長所と短所を慎重に比較検討しなければならない。サポート、コスト、セキュリティの全てが判断要素になる。

OSSの長所

 特定のタスクを処理する上でOSSが最善の選択肢となるIT領域がある。OSSは一般的に、幅広いベンダーのシステムと連携する。特定の環境に縛られるものは少ない。つまり企業のベンダーロックイン回避に効果がある。例えばHashiCorpの「Packer」というOSSがある。IT部門はこれを使って、VMwareの仮想化ソフトウェアで構築したオンプレミスの仮想環境や、「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」などのパブリッククラウドでの仮想マシンイメージ作成を自動化できる。この機能はパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドや、複数のパブリッククラウドを組み合わせるマルチクラウドで特に重宝する。こうした使い方をすれば、PackerをDevOps(開発と運用の融合)のパイプライン(連結した作業プロセス)と連携できる。

 OSSのもう一つのメリットは、常に企業が気にするもの、つまりコストだ。OSSはその性質上、一般的に無料で使える。つまり企業はソフトウェアをサポートする優秀な人材の雇用に、ソフトウェアの費用を再配分できる。

 さらにOSSを使うと、企業は自社固有のニーズに合わせてソフトウェアをカスタマイズすることもできる。

OSSの短所

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...