2022年04月21日 10時15分 公開
特集/連載

「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とクラウド版IBM Zは何を実現するのか「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【後編】

「IBM Z and Cloud Modernization Stack」は、ユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。IBM Zのクラウドサービス「IBM Wazi as a Service」との組み合わせが実現することとは。

[Ed ScannellTechTarget]

 IBMはメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする「IBM Wazi as a Service」を2022年に一般提供する。同社がIBM Wazi as a Serviceとの併用を想定するのが、アプリケーション開発支援ソフトウェア群「IBM Z and Cloud Modernization Stack」だ。前編「クラウド版IBM Z『IBM Wazi as a Service』爆誕 誰が喜ぶのか?」に続く本稿は、IBM Z and Cloud Modernization Stackの機能と、提供の背景を説明する。

「IBM Z and Cloud Modernization Stack」に喜ぶのは“あの企業”

 インフラの管理やアプリケーション開発の自動化、効率化を実現することが、IBMがIBM Z and Cloud Modernization Stackを提供する主な目的だ。API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を作成する機能を備え、開発者がアプリケーションやデータにアクセスする方法を合理化する。業界標準のツールを搭載しており、大企業向けアプリケーションにおけるDevOps(開発と運用の融合)の推進にも利用できる。

 ユーザー企業はコンテナオーケストレーションツールの「Kubernetes」とIBM Z and Cloud Modernization Stackを組み合わせて利用することが可能だ。「IBMがクラウドインフラとメインフレームの距離を近づけるときに欠けていたのが、DevOpsへのアプローチだ」と、ITコンサルティング会社Communications Network Architectsのプレジデント、フランク・ツーベック氏は指摘する。ツーベック氏によるとIBMは、インフラのモダナイゼーション(最新化)を望むユーザー企業に対して、標準的な技術となったKubernetesの利用を推奨している。

 ミッションクリティカルなメインフレームアプリケーションのモダナイゼーションを目指す際に、アプリケーションのインフラをメインフレームのままにするか、他の使いやすいインフラに移行するかで議論しているメインフレームのユーザー企業がある。こうしたユーザー企業が、IBM Z and Cloud Modernization Stackのターゲットだと推測するアナリストがいる。

 「IBMは、望むようにアプリケーションのモダナイゼーションができないIBM Zのユーザー企業から大きなプレッシャーを受けている」と、ソフトウェアの独立系戦略コンサルタントであるジュディス・フルビッツ氏は述べる。IBM Z and Cloud Modernization Stackを使用すれば、メインフレームでOSS(オープンソースソフトウェア)を利用しやすくなるため、ユーザー企業がIBM Z関連製品/サービスを使い続けることが可能になると、フルビッツ氏は説明する。

 IBM Wazi as a ServiceとIBM Z and Cloud Modernization Stackの大きなメリットは、ユーザー企業がIBMのクラウドサービス群「IBM Cloud」で開発とテストをリモートで実施できることや、自社の社内システムで作業する際の使用感をエミュレーションできることにある。これによりユーザー企業は「自社のメインフレームのライフサイクル管理から解放され、自社所有のリソースを削減できる」とフルビッツ氏は話す。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...