HDDをやめて「LTOテープ」に移るときの“納得の理由”とはデータ増に対する磁気テープ戦略【第4回】

データ量が増加する傾向は、将来にわたって継続すると考えられる。企業は効率的なデータ保管を維持するために、何を考慮すべきなのか。

2022年12月05日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

関連キーワード

LTO | データ | データセンター | ストレージ


 増大するデータ量に悩む企業は、将来に向けた“データ保管の戦略”を考えなければならない。データ量が増えるのは、一過性のトレンドなどではないからだ。大量のデータを保管するに当たってHDDは重要だ。一方で専門家は、長期的に考えるならば磁気テープの規格「LTO」(リニアテープオープン)も見るべきだと指摘する。

HDDから「LTOテープ」への乗り換えを考える基準は

 フォームファクター(形状や大きさなどの仕様)が1つに統一されているという点は、HDDに対するテープの良さだと、米TechTargetの調査部門Enterprise Strategy Group(ESG)でアナリストを務めるビニー・ホインスキ氏は評価する。フォームファクターが変わらなければ、ストレージのインフラに変更を加えるリスクも低減する。

 2022年時点で商品化されている最新規格「LTO-9」から第14世代「LTO-14」に至るまで、LTOのテープカートリッジのフォームファクターは変わらない見込みだ。「いったんLTOテープに投資すれば、将来に向けてデータ保管の計画を立てやすくなる」と、ホインスキ氏は話す。

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)でニアラインストレージ部門の製品マーケティングマネジャーを務めるローラ・ロレド氏は、「テープはHDDよりも環境に優しい」と強調する。テープカートリッジは、データを保管しておくだけであれば電力を消費しないため、それが二酸化炭素(CO2)排出の抑制につながるからだ。

 ロレド氏によれば、同社の顧客からは「電気代が非常に高くてHDDではデータ保管を継続できない」という声が寄せられている。そうした企業はコールドデータ(ほとんど使用しないデータ)をテープに移動させることで、コスト削減のメリットを享受しているという。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...