「データが増え過ぎてストレージ業界がもう限界」という話は本当か?データが増え続ける末路【前編】

このままデータが増え続けた場合、何が起きるのか。これは楽観できる問題ではない。企業は将来のデータ保管の方法を真剣に考えなければならない。

2022年10月03日 05時00分 公開
[Jim HandyTechTarget]

関連キーワード

SSD | ハードディスク | ストレージ


 企業やデータセンターは今後、増え続ける膨大なデータを将来にわたって保管することができるのだろうか。「空き容量なし」と伝えて降参するのか。新しいデータを保管するために古いデータを消し続けるのか。それとも、膨大なデータを保管するための新たな方法が登場するのか。その答えを探ってみよう。

「ストレージ業界に限界が来ている」説は本当?

 調査会社IDCは2018年に発表した調査レポート「Data Age 2025」で、2025年までにストレージを必要とするデータは175Z(ゼタ)Bに及ぶと予測した。ストレージ業界のさまざまなイベントで、登壇者は将来のデータ量に関するこの予測値を好んで引用してきた。

 175ZBという数字は一見して大きく見えるが、2018年から2025年までの1年当たりの平均増加率にすると27%となる。この増加率で考えると、より現実味を帯びてくる。この予測は、わずか数年の間に、新たに大量のストレージが必要になる可能性を示唆している。

 SSDとHDDのベンダーは、生産量を調整している。増産することも可能だが、供給過多になると製品の市場価格が暴落する可能性があるため、ベンダー各社は「ある程度の生産量にとどめることが得策だ」と判断している。

 調査会社Objective Analysisによれば、SSDベンダーは約30%、HDDベンダーは約20%の割合で、毎年の生産量を増やす傾向にある。ベンダーは四半期ごとに生産量の増加率を見直し、それに基づいて生産能力を追加する。結果として、2025年までは「意図しない供給過多」が発生することはないと考えられる。

 概して、企業はSSDよりもHDDにより多くのデータを保管する。HDDの生産量が1年で20%増加することと、データが1年で27%増加することを前提にすると、ストレージは次第に足りなくなる懸念がある。ストレージ不足は発生するのだろうか。

 HDDをはじめとしたストレージが足りなくなる可能性は十分にある。ただし2025年までに話を限定すれば、ストレージ不足が危機的状況になるとは考えにくい。データの圧縮技術が進歩しているので、それがストレージの生産量の不足を補うと考えられるからだ。

 将来は、DNA(デオキシリボ核酸)の配列を使ってデータを記録する「DNAストレージ」といった新技術が台頭し、1台のストレージで保管可能なデータ量が飛躍的に大きくなる可能性もある。とはいえ、企業のIT管理者は楽観せず、ストレージ不足を見越して準備しておくべきだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...